A.Y.A「Solo」
再生

ブラウザーで視聴する

A.Y.A「Solo」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

A.Y.A「Solo」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
A.Y.A「Solo」

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
A.Y.A「Solo」

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
A.Y.A「Solo」

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

A.Y.A「Solo」

シンガーソングライターのA.Y.Aが新境地となるUKガラージ/2ステップの新曲「Solo」をリリース。世界的にリバイバルの気運が高まりつつあるUKガラージ/2ステップサウンドと、A.Y.Aのクールな歌唱が織り成すスリリングな展開は、日々猛スピードで人や物を消費していく都市の忙しさを感じさせ、孤独を抱えながらも“今”を生きる焦燥感を表現。ダウナーなリリックも、先行きが不透明なパンデミック下に漂う閉塞感や、どこか白けたムードを見事に切り取っている。 フロア対応の疾走感のあるビートは、TAEYO等を手掛ける新進気鋭のプロデューサーDroittte(ドロワット)によるもの。本曲は5/21(金)発売予定のニューアルバム「Uncured」からのファーストシングル。

再生時間
00:03:19
配信期間
未定
タイトル情報
A.Y.A
A.Y.A(エーワイエー)。エッジーなビートの上を自由自在に泳ぐコケティッシュでアンニュイな歌声と、洋楽仕込みのソングライティングが魅力のSSW。 2018年7月に発表のシングル「gravity」は、日本人としては初めてWAVEミュージックを取り入れた楽曲として、各社プレイリストや、UK・ロンドンを拠点とするプロデューサーKarefulにもピックアップされる等、国外でも高評価を獲得。 同年11月には DJ CHARI とのコラボレーション楽曲「eclipse」を発表。翌年 11 月にリリースされた EP「Lil Romance」では、スウィートなオルタナティブ R&Bサウンドを展開し、一躍音楽好きの注目を集める存在となる。 また、幅広い音楽への造詣の深さを活かし、インターネットラジオ「WREP」でも MC を担当中(毎週木曜18:00)。 2020年6月には盟友Drivxsと共にアルバム「Mercury Retrograde」を発表。2021年5月には自身3枚目となるオリジナルアルバム「Uncured」をリリース。 ビートミュージックとオルタナティブR&B、ヒップホップを融合させ、ダークなトーンで統一した実験的な音楽性と共に、新たな女性像を提示してみせるなど、日本では有数の、現行シーンとの時差を感じさせない次世代アーティストの一人である。

次の映像

GYAO! 広告

映像一覧