80人を無人運送! Volvo×南洋理工大学(NTU)の「自動運転バス」が登場
再生

ブラウザーで視聴する

80人を無人運送! Volvo×南洋理工大学(NTU)の「自動運転バス」が登場

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

80人を無人運送! Volvo×南洋理工大学(NTU)の「自動運転バス」が登場

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
80人を無人運送! Volvo×南洋理工大学(NTU)の「自動運転バス」が登場

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
80人を無人運送! Volvo×南洋理工大学(NTU)の「自動運転バス」が登場

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
80人を無人運送! Volvo×南洋理工大学(NTU)の「自動運転バス」が登場

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

80人を無人運送! Volvo×南洋理工大学(NTU)の「自動運転バス」が登場

80人を無人運送! Volvo×南洋理工大学(NTU)の「自動運転バス」が登場

「Volvo 7900 Electric」をベースにアップグレードされた「大型自動運転バス」が完成した。シンガポールの名門校、南洋理工大学(NTU)とVolvoの共同プロジェクトで、定期路線便を自動運転バスで運行する計画が進められている。 最大80人を無人運送 Volvoの自動運転バスは、36シートで最大80人のキャパを持つ、全長12メートルの大型バス。 フロントに誤差1cmのGPSや、3Dカメラ、LiDARを搭載し、無人走行からバック駐車までこなす。AIシステムが常に周囲をモニタリングしており、歩行者の飛び出しにもしっかり停止できることがテストで実証済みだ。 ゼロエミッションでエコ もちろん電気駆動のため、CO2排出量はゼロ。従来のディーゼルバスに比べると、80%少ないエネルギー効率で走れるそうだ。 専用の充電スタンドを使えば、3〜6分でバッテリーが満タンになるという。 ・ ・ ・ 今後はNTUのキャンパス内で試験運行を実施予定。シンガポールの公共機関として、自動運転バスが街を走る日が近づいている。

再生時間
00:01:01
配信期間
未定
タイトル情報
bouncy / バウンシー
「bouncy」は、「動画」をメインにファンとコミュニケーションする、ミレニアル世代のための「テクノロジー&ガジェットメディア」です。 未来を実現する最先端のテクノロジー つい欲しくなる新しい概念のプロダクト 思わず驚嘆する秀逸なアイデア 世の中を良い方へと導く社会性のある取り組み 見る者の心を掴む創造性あふれるアート 今まさに、世界中で起きているこれらの出来事を、編集部で集め、調べ、取材し、わかりやすい動画と共に毎日お届けします。
GYAO! 広告

映像一覧