ストア

プレーヤーを読み込んでいます

世紀のドキュメント 太平洋戦史 神風特攻隊  大空へ散った若き魂への鎮魂歌

Twitterでシェアしよう

国のため、そして信じるもののために命をかけた若者達がいた。太平洋戦争終盤、我が国の敗色が濃くなってきた1944年10月17日、比島沖海戦に備え日本軍はひとつの作戦の実行を決意した。零戦に250キロの爆弾を抱かせ、敵空母に体当たり攻撃を敢行する―戦局打開のためにとられた、まさに必死必殺の作戦―神風特別攻撃隊の誕生であった。関大尉を指揮官とし、23人の未だ酒の味も知らぬ若き搭乗員によって編成されたこの部隊は比島沖へ、二度と帰らぬ空へと飛び立っていった。それは誇り高き死か、単なる戦争の犠牲者だったのか。いまなお涙と戦争の悲劇を世に問う神風特攻隊の姿。その真実を描く鎮魂のドキュメント。

再生時間
00:38:33
配信期間
未定

映像一覧