4種の濃厚バナナジュースをおうちで!プロが教えるバナナジュースの作り方
再生

ブラウザーで視聴する

4種の濃厚バナナジュースをおうちで!プロが教えるバナナジュースの作り方

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

4種の濃厚バナナジュースをおうちで!プロが教えるバナナジュースの作り方

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
4種の濃厚バナナジュースをおうちで!プロが教えるバナナジュースの作り方

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
4種の濃厚バナナジュースをおうちで!プロが教えるバナナジュースの作り方

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
4種の濃厚バナナジュースをおうちで!プロが教えるバナナジュースの作り方

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

4種の濃厚バナナジュースをおうちで!プロが教えるバナナジュースの作り方

4種の濃厚バナナジュースをおうちで!プロが教えるバナナジュースの作り方

テレビで取り上げられたことから人気が定着しつつあるバナナジュース。生のフルーツを使うので「タピオカミルクティーよりヘルシーかも!」と大人の間でも話題です。 子どもにも人気のフルーツの王様・バナナを使った、おいしいバナナジュースのレシピを、お菓子デザイナーの太田さちかさんに教えていただきました。食欲がないときなどは朝ごはんとしても代用してくださいね。 バナナジュースは材料も作り方もとにかくシンプル! 「バナナジュースの良さはそのシンプルさ」と太田さんは言います。 「バナナに自然の甘みがあるので、砂糖を加えなくても充分おいしくできあがりますし、バナナは牛乳や豆乳などミルキーな飲み物との相性がいいので、それらと合わせるだけで“間違いないおいしさ”になるんですね」(以下「」内、太田さん) ではさっそくバナナジュースを作ってみましょう! 基本の濃厚バナナジュースの作り方 材料(1人分) バナナ1本 豆乳 100ml 作り方 (1)バナナは一口大に切る。 (2)ミキサーに1と豆乳を入れ、なめらかになるまで攪拌する。 たったこれだけです! 「出来上がったら、できるだけ早く飲んでくださいね。時間が経つと、バナナが沈殿してきてしまいますし、色も変わってしまいます。またもっと濃厚な味が好きな人は豆乳を同量の牛乳に変えても構いません。 バナナを凍らせて作ればスムージーのようになり、これまた違ったおいしさになりますよ。凍らせたバナナを使う場合、バナナ1本に対し牛乳や豆乳は200mlにしてくださいね」 チョコレートや甘酒、アボカドと合わせて…アレンジも楽しい! バナナジュースはアレンジを利かせられることも楽しめる要因の1つ。 「チョコバナナがあるように、バナナはチョコレートとも合いますし、甘酒やアボカドなど濃厚な味のものとも合います。冷凍のブルーベリーやいちごと合わせてもいいですし、ほうれん草などグリーン系と合わせてもいい。アレンジのアイディアが広がるところもバナナジュースの良さだと思います」 【チョコレートバナナジュース】の作り方 チョコレートクリームはなめらかでなじみやすい「ソントン」の「チョコレートクリーム」がおすすめ。100円ショップにも売っています。コーンフレークを入れることで香ばしさと満足感をプラス。 材料(1人分) バナナ1本 牛乳100ml コーンフレーク 大さじ1 チョコレートクリーム 小さじ1 作り方 (1)バナナは一口大に切る。 (2)ミキサーに1と残りの材料をすべて入れ、なめらかになるまで攪拌する。 【アボカドバナナジュース】の作り方 「青汁の素」を入れることで栄養価アップはもちろん、ただ濃厚なだけじゃなく、すっきりとした飲み心地にします。 材料(1人分) バナナ1本 豆乳150ml アボカド 1/4個 青汁パウダー 3g はちみつ 小さじ1 作り方 (1)バナナは一口大に切る。 (2)ミキサーに1と残りの材料をすべて入れ、なめらかになるまで攪拌する。 【甘酒バナナジュース】の作り方 ※子どもが飲む場合は、米麹から作られたノンアルコールの甘酒をお使いください。大人はお好みで酒粕から作られた甘酒でも構いません。 材料(1人分) バナナ1本 甘酒100ml 作り方 (1)バナナは一口大に切る。 (2)ミキサーに1と甘酒をすべて入れ、なめらかになるまで攪拌する。 さわやかに飲みたい人は、甘酒バナナジュースを炭酸水と合わせてもいいですよ。 いかがでしたか、バナナジュース。 私は今日も“死にかけのバナナ”をバナナジュースにして救済したところです(笑)。バナナはエネルギーになるフルーツなだけに、マラソンの途中でも食べたりしますよね! そのくらいパワーがあるので、ぜひ朝や元気がほしいときにバナナジュース、作ってみてください。 【取材協力】 太田さちか ケーキデザイナー。慶應義塾大学卒業後、マーケティング会社に勤務する傍ら、今田美奈子お菓子教室、パリのエコール・ド・リッツエスコフィエにてディプロマを獲得。著書に『メレンゲのお菓子パブロバ』(立東舎)がある。 撮影/福尾美雪

再生時間
00:03:09
配信期間
未定
タイトル情報
kufura(クフラ)小学館公式