2030年の移動はこれ!? 垂直離着陸する空飛ぶクルマで、どこからでも空の旅へ
再生

ブラウザーで視聴する

2030年の移動はこれ!? 垂直離着陸する空飛ぶクルマで、どこからでも空の旅へ

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

2030年の移動はこれ!? 垂直離着陸する空飛ぶクルマで、どこからでも空の旅へ

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
2030年の移動はこれ!? 垂直離着陸する空飛ぶクルマで、どこからでも空の旅へ

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
2030年の移動はこれ!? 垂直離着陸する空飛ぶクルマで、どこからでも空の旅へ

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
2030年の移動はこれ!? 垂直離着陸する空飛ぶクルマで、どこからでも空の旅へ

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

2030年の移動はこれ!? 垂直離着陸する空飛ぶクルマで、どこからでも空の旅へ

2030年の移動はこれ!? 垂直離着陸する空飛ぶクルマで、どこからでも空の旅へ

2030年には地上も空も走れるクルマによって、渋滞や満員電車が姿を消すかもしれない。 日本のSkyDrive社は空飛ぶクルマを開発している。バッテリー駆動で垂直離着陸ができる機体は「eVTOL」と呼ばれ、空飛ぶクルマはそれにあたる。タイヤを持ち地上も走れ、8枚の羽でどこからでも垂直に浮上し空へと飛んでいけるのが特徴だ。 2023年の実用化を目指し、現在開発中。昨年12月から有人飛行テストをはじめている。 自動車サイズで2人乗車可能 空飛ぶクルマが世に浸透するのは2030年を想定。実現した場合、SkyDrive社が開発する空飛ぶクルマは自動車同様のコンパクトサイズで、「走る」と「飛ぶ」をスムーズに両立できる。煩わしい移動は、空を走る楽しみに変わるかもしれない。 空飛ぶクルマは全長は4メートル、幅3.5メートル、高さ1.5メートルと、自動車程度のサイズ。最大離陸重量は500キログラム。バッテリーで動き、地球環境に優しい設計。飛行速度は時速100km、地上の走行速度は時速60km程度までだせる想定だ。 地上と空をどちらも移動できる空飛ぶクルマがあれば、渋滞や満員電車のストレスをなくし、移動時間が短縮できる未来が訪れるかもしれない。 ・ ・ ・ 空の景色を眺めながらの移動は、むしろ楽しみになりそうだ。 SkyDrive Inc. -Flying car-

再生時間
00:00:40
配信期間
未定
タイトル情報
bouncy / バウンシー
「bouncy」は、「動画」をメインにファンとコミュニケーションする、ミレニアル世代のための「テクノロジー&ガジェットメディア」です。 未来を実現する最先端のテクノロジー つい欲しくなる新しい概念のプロダクト 思わず驚嘆する秀逸なアイデア 世の中を良い方へと導く社会性のある取り組み 見る者の心を掴む創造性あふれるアート 今まさに、世界中で起きているこれらの出来事を、編集部で集め、調べ、取材し、わかりやすい動画と共に毎日お届けします。