14才の母~愛するために 生まれてきた~ 第1話 2006年10月11日放送分
再生

ブラウザーで視聴する

14才の母~愛するために 生まれてきた~ 第1話 2006年10月11日放送分

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

14才の母~愛するために 生まれてきた~ 第1話 2006年10月11日放送分

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
14才の母~愛するために 生まれてきた~ 第1話 2006年10月11日放送分

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
14才の母~愛するために 生まれてきた~ 第1話 2006年10月11日放送分

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
14才の母~愛するために 生まれてきた~ 第1話 2006年10月11日放送分

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

14才の母~愛するために 生まれてきた~ 第1話 2006年10月11日放送分

14才の母~愛するために 生まれてきた~ 第1話 2006年10月11日放送分

まで

名門といわれる私立の女子中高一貫校に通う中学2年生の一ノ瀬未希(志田未来)は、ファミレスでパートをしている母・加奈子(田中美佐子)、住宅販売会社に勤務する父・忠彦(生瀬勝久)、小学生の弟・健太(小清水一揮)の4人家族。忠彦は、自分たちの暮らしに満足し、加奈子は未希が名門私立校に入ってくれている事を喜ぶ、極々普通な夫婦であり、家族である。近所には、エレキギターショップを経営する、加奈子の弟夫婦・三井マコト(河本準一)ひな子(金子さやか)がおり、未希はそこにちょくちょく遊びに行っていた――。

再生時間
01:00:30
配信期間
番組情報
14才の母~愛するために 生まれてきた~
14才にして子供を身ごもった女子中学生・未希…彼女は、普通の、女の子だった。
14才、中学生で妊娠してしまった主人公は、周囲の猛反対の中、産むことを決意する——。一見スキャンダラスでセンセーショナルな設定ですが、このドラマが高視聴率を獲得した理由のひとつには、中学生の妊娠をテーマにしつつも、そこに主人公や彼女を温かく見守る周囲の人々の“生命の尊さ”と正面から向き合う真摯な姿が描かれ、感動と共感を呼んだことをあげることができます。愛と生命を考えさせられる、まさにヒューマンドラマの傑作です。

次の映像

広告
広告

映像一覧