黒ごまと木の実がたっぷり入った月餅の作り方 和菓子としての中華菓子
再生

ブラウザーで視聴する

黒ごまと木の実がたっぷり入った月餅の作り方 和菓子としての中華菓子

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

黒ごまと木の実がたっぷり入った月餅の作り方 和菓子としての中華菓子

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
黒ごまと木の実がたっぷり入った月餅の作り方 和菓子としての中華菓子

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
黒ごまと木の実がたっぷり入った月餅の作り方 和菓子としての中華菓子

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
黒ごまと木の実がたっぷり入った月餅の作り方 和菓子としての中華菓子

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

黒ごまと木の実がたっぷり入った月餅の作り方 和菓子としての中華菓子

黒ごまと木の実がたっぷり入った月餅の作り方 和菓子としての中華菓子

今回は、和菓子の作り方でつくる中華菓子、月餅をご紹介しました。 もうすぐ中秋の名月(今年は10月1日)、十五夜として知られるこの日、日本では月見団子などの和菓子をお供えし、召し上がる方が多いと思いますが、中国をはじめとする多くの国では、中秋節であるこの日に月を愛で、月餅を贈り合います。 月餅の種類は多く、地域によって味にかなりの違いがみられます。とはいっても、日本でよく売られている、小豆のあんこが入った甘いものではなく、蓮の実をつかった餡や肉入り、アヒルの卵黄の入ったものなどが多く見られます。 日本で売られている月餅に、和菓子のようなものが多いのは、昭和初期に中華まんで有名な新宿中村屋さんが発売した和菓子風月餅が広まったからと言われています。 当時の新宿中村屋さんが目指した「和菓子としての月餅」が、現在の日本人が思い浮かべる月餅の味になっていたようです。 それでは、和菓子としての月餅の作り方をご紹介します。 材料 中餡 こしあん 200グラム 水 30CC 黒ねりごま 30グラム 黒ごま 20グラム くるみ 60グラム 松の実 20グラム ドライいちじく 30グラム 太白ごま油 小さじ1(他の料理油代用可能) 中餡をよりしっとりさせたい場合は、ごまペーストと油の分量を増やして調整してみてください。 月餅の皮 小麦粉 100グラム 上白糖 50グラム バター(常温においたもの) 15グラム 卵 35グラム 太白ごま油 小さじ1(他の油代用可) 分量外 卵黄、みりん 打ち粉 下準備 くるみ、松の実、黒ごまはフライパンで炒っておきます。オーブンでローストしても大丈夫ですが、松の実が焦げやすいので注意してください。 くるみを砕き、黒ごまはすりおろしておきます。ドライいちじくはサイコロ状に切っておきます。 上白糖は粗目のふるいにかけておくか、ボウルに入れて泡だて器でダマを取っておきます。 中餡をつくります。 鍋にこしあんと水を入れ、こしあんを伸ばしたら黒ごまと太白油を入れて混ぜ、火にかけます。 火が通り始めたら、すりゴマ、木の実類とドライいちじくを入れ、火を通します。 水分が少し飛び、まとまるようになったら火を止め、お皿に移して冷まします。 餡が完全に冷めたら、木型のサイズに応じて餡を丸めておきます。 今回は直径8.5センチの丸型を使用したのですが、餡は100グラムずつに丸めました。 亀の木型用は40グラムで丸めてあります。もちろん、このような型を使わなくても、月餅を作ることはできます。その場合の作り方は、ページ下欄に記しておきますので参考にしてください。 続いて生地を作ります ボウルに上白糖を入れ、バターを入れてすり混ぜます。混ざったら卵を三回ほどに分けて入れ、その度によく混ぜます。 ボウルごと湯煎にかけ、砂糖のザラザラがなくなるまで混ぜます。砂糖が溶けたら湯煎から取り出し、少し冷ましてから太白油とふるった小麦粉を入れ、さっくりと混ぜます。 台に打ち粉をし、生地を落としたら手粉を付けながら生地をまとめます。 生地がまとまったら、型の大きさに合わせて分割します。今回は100グラムの中餡用に40グラムの生地、40グラムの中餡用に15グラムの生地を丸めておきました。 丸めた生地を手で伸ばし、中餡を包んでゆきます。木の実にひっかかり、生地が切れてしまっても、慌てず他の余っている所から引っ張って穴を塞ぎます。それでも足りない場合は、余り生地をちょっとだけ千切り、こっそり指先でくっつけてしまいましょう。 餡を包み終えたら、型の大きさに合わせて、少し叩いて平たくします。型に入れてから何度も叩くと、生地が木型にくっつき、絵柄が崩れやすくなるからです。 型に入れ、柄を生地に移したら、余分な粉を優しく落とします。 天板にクッキングシート等を敷き、生地を置いたら、霧吹きで軽く水を掛けます。 卵黄にみりんを足したものを(茶こしで裏ごししておくと、より綺麗に仕上がります)小さめの刷毛で優しく丁寧に塗ってゆきます。 生地が柔らかいため、毛先の固いもの、大きめの物、シリコン製の刷毛を使用すると、せっかくつけた柄が崩れてしまいます。不安な場合は、卵黄を付ける前に、生地を少しだけ冷蔵庫に入れるのも手です。 卵黄を塗り終わったら、予熱したオーブン170度で、綺麗な焼き色がつくまで焼き上げます。(10から15分程度です) 焼きあがったら、網の上などに乗せ、常温で冷まします。 焼きあがった直後は、サクサクとし…

再生時間
00:01:56
配信期間
未定
タイトル情報
decocookie
YouTubeにて日本のお菓子と菓子作りを海外に紹介する菓子専門チャンネル「decocookie channel」を運営。伝統的な日本の菓子づくりだけでなく、今現在、海外で人気のある日本の菓子や知育菓子まで、幅広い日本の菓子を紹介しています。Yahooでは、奥深い和菓子を様々な角度からご紹介できればと思っています。