超濃厚!バレンタイン【材料3つで】とろける生チョコ
再生

ブラウザーで視聴する

超濃厚!バレンタイン【材料3つで】とろける生チョコ

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

超濃厚!バレンタイン【材料3つで】とろける生チョコ

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
超濃厚!バレンタイン【材料3つで】とろける生チョコ

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
超濃厚!バレンタイン【材料3つで】とろける生チョコ

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
超濃厚!バレンタイン【材料3つで】とろける生チョコ

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

超濃厚!バレンタイン【材料3つで】とろける生チョコ

超濃厚!バレンタイン【材料3つで】とろける生チョコ

もうすぐバレンタインですね!チョコレートフェアなどもあちらこちらで開催され、バレンタインムードになってきました。本命チョコや友チョコ、自分のご褒美にチョコレートを購入される方も多いかと思いますが、今年は手作りチョコレートに挑戦してみてはいかがでしょうか? お菓子作りの中でもチョコレート作りはハードルが高いように思われがちですが、コツさえ抑えればなんて事ありません!そのコツとは…「温度」です。湯煎の温度さえ気をつければ失敗率が相当低くなります。ポイントを抑えてチョコレート作りに挑みましょう! さて、今回は主要材料たった3つで作れる生チョコをご紹介します。基本は生クリーム・チョコレート(板チョコ)だけで作れるのでとてもお手軽なレシピです。今回はそれにフリーズドライラズベリーとピスタチオをトッピングして華やかに仕上げました。生チョコはチョコレートの色一色だけで、シックな見た目のものが多いですが、ちょっとした一手間で華やかになるので、お好みの具材をトッピングしてみてくださいね。 【材料】12cm×12cmの流し型1台、出来上がりの高さは1.5cm程になります 生クリーム 200ml チョコレート 200g ココアパウダー 適量 フリーズドライラズベリー 1g ピスタチオ(刻み)1g 【作り方】 ①チョコレートを刻み、ボウルに入れる ②鍋に水を張って火にかけ、沸騰直前で止める ③①のボウルをのせて、ヘラで混ぜながらチョコレートを溶かす ④チョコレートが溶けたら湯煎から外し、生クリームを加えて混ぜる ⑤全体が均一になったら型に流し、冷蔵庫で1時間以上冷やし固める ⑥フリーズドライラズベリー・刻んだピスタチオ・ココアパウダーでデコレーションする 【ポイント】 ・②の時、①のボウルを上に乗せてチョコレートを湯煎で溶かすので、鍋に沸かすお湯の量を調節してください。お湯がチョコレートのボウルに入らないようにしましょう。 ・湯煎は50−60度が目安です。お湯の温度が高すぎるとチョコレートが分離してしまいます。温度管理には気をつけましょう。 ・チョコレートを湯煎にかける時、お湯が入らないように気をつけましょう。 ビジュアルフードクリエイター協会会長 白井ありさ

再生時間
00:01:21
配信期間
未定
タイトル情報
白井ありさ
フジテレビ「笑っていいとも!3Dキャラごはんコンテスト」2回優勝後、雑誌・TVにて多数出演。料理教室の講師を務めつつ企業のレシピ開発、販売促進に携わる。2014年、obentoの世界大会で準優勝する。上智大学卒業後、大手食品メーカーの開発営業を経て独立。現在はビジュアルフードクリエイター協会の会長を務めつつ、デパ地下のお弁当惣菜のプロデュース、企業のレシピ開発を中心に活動。アジア圏でもメディアの出演・現地でのワークショップを開催。見た目にインパクトのある料理をきっかけに食べることの楽しさ・作ることの大切さを伝える食育を推進している。