蛍光ピンク塗装で攻める!京商MINI-Z4×4ジムニーシエラ
再生

ブラウザーで視聴する

蛍光ピンク塗装で攻める!京商MINI-Z4×4ジムニーシエラ

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

蛍光ピンク塗装で攻める!京商MINI-Z4×4ジムニーシエラ

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
蛍光ピンク塗装で攻める!京商MINI-Z4×4ジムニーシエラ

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
蛍光ピンク塗装で攻める!京商MINI-Z4×4ジムニーシエラ

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
蛍光ピンク塗装で攻める!京商MINI-Z4×4ジムニーシエラ

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

蛍光ピンク塗装で攻める!京商MINI-Z4×4ジムニーシエラ

蛍光ピンク塗装で攻める!京商MINI-Z4×4ジムニーシエラ

【特注でないと手に入らないであろう蛍光ピンクを楽しむ】 京商のラジコンMINI-Z 4×4シリーズの「ジムニーシエラ」のスペアボディを使って蛍光ピンク塗装を試してみました。 ボディはホワイトなので下地は塗らずにそのままエアブラシで蛍光ピンクを塗装。 一番難易度が高いと思われるのは、屋根の部分とフェンダー部分が別の色で塗り分けるので一度蛍光ピンクを塗装したらマスキングをしてフェンダーの形をカットしてからツヤ消しブラックで上から塗装してます。マスキングを剥がす時が一番緊張しますが今回はうまくいったようです。必ず隙間がないかチェックするのが一番のポイントでした! 【プラモデルなみのクオリティ】 ボディの完成度はもちろんのこと、おそらく塗り分けが難しいと思われるライトの部分は全てクリアパーツであとからはめこむタイプなので塗装が苦手な方でもボディの塗装さえうまくいけば、そんなにハードルは高くないかと思われます。個人的にはスズキのエンブレムパーツが分離しているのが非常に細かい心配りで嬉しいポイントでした! 【実車ではなかなか手に入らないカラーを楽しめる】 オリジナルカラーではない蛍光ピンクという組み合わせもラジコンであればいくらでもチャレンジして楽しめます。 お気に入りの一台を作ってみてはいかがでしょうか! 商品サイト:https://rc.kyosho.com/ja/miniz4x4-jimny BGM Iramasa by AMBeef

再生時間
00:01:19
配信期間
未定
タイトル情報
松本敦
「レンズの向こう側にあるワクワクを届ける」をコンセプトに映像だけに留まらず、雑誌やWEB媒体での執筆業務も行います。アクションカメラGoProを活用して思わず「行ってみたくなる」「やってみたくなる場所」やアクティビティなど紹介していきます。日常から一歩踏み出す一つのきっかけになれば幸いです。