舛田悠紀子 手作りはこんなに美味しい!がんもどきのお弁当&銀杏の剥き方もご紹介
再生

ブラウザーで視聴する

舛田悠紀子 手作りはこんなに美味しい!がんもどきのお弁当&銀杏の剥き方もご紹介

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

舛田悠紀子 手作りはこんなに美味しい!がんもどきのお弁当&銀杏の剥き方もご紹介

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
舛田悠紀子 手作りはこんなに美味しい!がんもどきのお弁当&銀杏の剥き方もご紹介

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
舛田悠紀子 手作りはこんなに美味しい!がんもどきのお弁当&銀杏の剥き方もご紹介

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
舛田悠紀子 手作りはこんなに美味しい!がんもどきのお弁当&銀杏の剥き方もご紹介

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

舛田悠紀子 手作りはこんなに美味しい!がんもどきのお弁当&銀杏の剥き方もご紹介

舛田悠紀子 手作りはこんなに美味しい!がんもどきのお弁当&銀杏の剥き方もご紹介

今回は秋にしみじみ美味しい和風弁当をご紹介します。 主菜は手作りがんも。 自分で作るがんもどきは市販のものとは別物の美味しさ。 お豆腐さえしっかり水切りできれば 簡単に美味しく仕上がります。 ぜひ、一度作ってみてくださいね。 ・作りやすい分量 (小さめ6個分) ・木綿豆腐 1丁(300gくらい) ・ほぐした卵 1/2個分 ・片栗粉 大さじ1/2 ・昆布茶粉末 小さじ1  ・砂糖 小さじ1/2 ・ごぼう 10cm ・にんじん 3cm ・乾燥ひじき 大さじ1  ・黒ごま 小さじ2 ・付け合わせのシシトウ 1.豆腐は重石をして3時間ほどしっかり水切りをする。(私は豆腐の上に小さめのバットを乗せて、さらにその上に水を入れたボウルを乗せて水切りしてます。) 2.ごぼうはささがき、にんじんは輪切りにしてから細切りにする。(繊維を断ち切るように切るとしんなり柔らかい口当たりです。)ひじきは豆腐の水分で戻るのでそのまま使う。 3.豆腐をフードプロセッサーかすり鉢で滑らかにする。 4.卵、調味料、具材、片栗粉を加え混ぜる。 5.手に油を塗り、形を整える。(今回はお弁当用に小さめに作りました。) 6.フライパンに油を2cmほど注ぎ熱し、先に付け合わせのシシトウをサッと揚げる。 7.次にがんもを片面にしっかり色づくまで揚げ、もう片面もこんがり揚げる。(合計5分程度) 8.揚げたてに生姜醤油をかけていただくのが最高に美味しい。冷めても美味しいのでお弁当にも。 もう1品は今が旬の銀杏をシンプルに炒めて塩で味付けしました。 お弁当には串に刺してあげると可愛いですよ。 1.殻付きの場合、滑らないよう銀杏を布巾の上に置き、殻の合わせ目を上にして金槌で叩き、殻を破り身を取り出す。 2.薄皮は熱湯をかけて冷めるまでしばらく置いておくと剥きやすい。 3.フライパンに油をひき、銀杏を炒める。色が鮮やかになってきたら塩を振りかけて完成。 それではお弁当に詰めてみましょう。 今回は他に焼き塩鮭、サツマイモの甘煮、ラディッシュの飾り切りを用意しました。 ガンモにはお醤油を別に添えてあげましょう。 BGM:streets%20by%20ziv-moran%20Artlist

再生時間
00:03:44
配信期間
未定
タイトル情報
舛田悠紀子
「家族に食べさせたい、優しい料理」をコンセプトに活動。札幌で家庭料理教室を開催するほか、広告の料理製作、カフェのメニュー開発などを行う。NEXTWEEKENDコラムでは、元気が出るお弁当作りのレシピやコツを連載中。