舛田悠紀子 後を引く美味しさ!根菜たっぷりキーマカレー&カレー味玉弁当
再生

ブラウザーで視聴する

舛田悠紀子 後を引く美味しさ!根菜たっぷりキーマカレー&カレー味玉弁当

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

舛田悠紀子 後を引く美味しさ!根菜たっぷりキーマカレー&カレー味玉弁当

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
舛田悠紀子 後を引く美味しさ!根菜たっぷりキーマカレー&カレー味玉弁当

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
舛田悠紀子 後を引く美味しさ!根菜たっぷりキーマカレー&カレー味玉弁当

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
舛田悠紀子 後を引く美味しさ!根菜たっぷりキーマカレー&カレー味玉弁当

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

舛田悠紀子 後を引く美味しさ!根菜たっぷりキーマカレー&カレー味玉弁当

舛田悠紀子 後を引く美味しさ!根菜たっぷりキーマカレー&カレー味玉弁当

そろそろスパイシーな味が恋しい頃、 旬の根菜がゴロゴロ入った、キーマカレーはいかがでしょう。 レンコンやゴボウといった煮物でおなじみの根菜もカレーとの相性は◎ お弁当にも合うように油分控えめ、でもしっかり味で冷めても美味しくいただけます。 味の決め手は味噌と醤油麹のW発酵調味料。 醤油麹は旨味が強く、調味料として色んなお料理に使えます。冷奴にかけたり ドレッシングにしたり、唐揚げの下味にも。スーパーで売っていますのでぜひ使ってみてください。 それでは早速作ってみましょう。 *根菜キーマカレー 作りやすい分量 ・鶏ひき肉 300g(もも、胸お好みで。今回は半量ずつ使用しました。) ・玉ねぎ 1/2個 ・にんじん 1/3本 ・レンコン 100g ・ごぼう 1/2本  ・ニンニク、生姜 各1カケ  ・水 200cc ・カレー粉 大さじ2と1/2 (辛いのが苦手な方は少し減らしてください。) ・クミンシード 小さじ1  ・トマトペースト 1袋 ・味噌 大さじ2  ・醤油麹 大さじ1 ・ローリエ 1枚  ・お好みでガラムマサラ少々  1.野菜は粗みじん切りにする。←根菜の風味を出したいので水にさらさなくて良い。 2.ニンニク、生姜は細かいみじん切りにする。 3.鍋に油を引いてクミンシードを入れ、火にかける。シュワシュワっとしてきたらニンニクと生姜を加え、香り良く炒める。 4.野菜を加え、弱火で5分ほどじっくり炒める。 5.ひき肉を加え、ポロポロになるまでじっくり炒める。 6.トマトペーストを加えて混ぜ、カレー粉を加え、さらに馴染むように炒める。 7.水、味噌を加えて味噌を溶かし、ローリエを加え蓋をして10分ほど弱火で煮込む。 8.蓋を取り、さらに水分を飛ばしながら5分ほど煮込む。仕上げに醤油麹とお好みでガラムマサラを加える。 おまけレシピ *カレー味玉 いつもの味玉にカレー味をプラス。新鮮な美味しさです。 1.卵は沸騰してから9分茹でる。*沸騰してから茹でる方が殻が剥きやすいです。 2.水:醤油:煮切ったみりん 1:1:1の割合で合わせる。ゆで卵5〜6個なら水、醤油、みりんを各大さじ3で。 *みりんの煮切り・・・耐熱ボウルなどにみりんを入れ、ラップをせずに電子レンジで1分程沸騰させ、アルコールを飛ばします。 3.ジッパー付き袋に2のタレとカレー粉小さじ2を入れ、ゆで卵を漬ける。 お弁当にはカレーと相性の良い雑穀米を詰めました。 スパイスが食欲そそる根菜キーマカレー弁当、ぜひ作ってみてくださいね。 BGM:cant-wait%20by%20maya-isacowitz%20Artlist

再生時間
00:04:13
配信期間
未定
タイトル情報
舛田悠紀子
「家族に食べさせたい、優しい料理」をコンセプトに活動。札幌で家庭料理教室を開催するほか、広告の料理製作、カフェのメニュー開発などを行う。NEXTWEEKENDコラムでは、元気が出るお弁当作りのレシピやコツを連載中。