縦長って使いやすい! ソニーモバイルの最新スマホ「Xperia 1」
再生

ブラウザーで視聴する

縦長って使いやすい! ソニーモバイルの最新スマホ「Xperia 1」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

縦長って使いやすい! ソニーモバイルの最新スマホ「Xperia 1」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
縦長って使いやすい! ソニーモバイルの最新スマホ「Xperia 1」

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
縦長って使いやすい! ソニーモバイルの最新スマホ「Xperia 1」

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
縦長って使いやすい! ソニーモバイルの最新スマホ「Xperia 1」

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

縦長って使いやすい! ソニーモバイルの最新スマホ「Xperia 1」

縦長って使いやすい! ソニーモバイルの最新スマホ「Xperia 1」

21:9の縦長ディスプレイというユニークなスマホ「Xperia 1」。 他にはない形状のスマホをしばらく使ってみたら、「この形状ならではの良さ」を実感することになりました。 大画面なのに片手持ちに最適 近年、大画面化が進んでいるスマホですが、大きいスマホほど持ちにくいのではないでしょうか? 筆者はディスプレイサイズが6.3インチのスマホを使っており、片手でホールドしづらいためか、しばらく使うと腕の腱に痛みが発生します。 一方で、Xperia 1のディスプレイサイズは、約6.5インチとさらに大型ですが、アスペクト比21:9の「シネマワイドディスプレイ」を搭載。本体幅は72mmで片手でつかみやすいサイズ感なので、手に負担なくスマホ操作を続けられました。 縦長のため、親指がどんなに長い人でも、画面上部には指が届きません。そこでホームボタンをダブルタップすると画面が縮小する「片手モード」。届かなかったアプリにアクセスできます。 また、ディスプレイのエッジをダブルタップすると、よく使うアプリなどにすぐアクセスできる「サイドセンス」が起動します。エッジをスライドすると、2つのアプリを分割表示する「21:9マルチウィンドウ」が起動するなど、片手持ちに特化したUIも備えていました。 手の中に小さな映画館 映画やショートフィルムなどは、21:9のシネスコサイズのものをよく見かけます。これを従来のスマホで再生すると、上下に黒帯が入って調整されるのですが、Xperia 1はフルサイズで再生可能。 スマホでは初めて、4K有機ELディスプレイも搭載しているため、発色もめちゃくちゃ鮮やか。これ、小っちゃいブラビアかな? さらにドルビーアトモス対応や、サウンドに合わせて本体が振動する「ダイナミックバイブレーションシステム」なども搭載。通常のスマホより、ぐっと没入感のある映像体験を楽しめました。 iPhone X、Xperia 1、Pixel XLで同じ21:9動画を表示しながら比較してみましたが、それぞれ黒帯の入り方が異なります。ベゼルの際まで映像があるだけで、視聴体験ってけっこう変わるんですね。 今日からあなたも映画監督に! そんなXperia 1、映画が見られるだけでなく、映画も撮れちゃいます。カメラアプリとは別に、「Cinema Pro」という撮影アプリがプリインされています。 シネマカメラのように21:9、24fps、4Kで撮影でき、UIもソニーのデジタルシネマカメラ「VENICE」を意識したデザイン。

再生時間
00:01:04
配信期間
未定
タイトル情報
bouncy / バウンシー
「bouncy」は、「動画」をメインにファンとコミュニケーションする、ミレニアル世代のための「テクノロジー&ガジェットメディア」です。 未来を実現する最先端のテクノロジー つい欲しくなる新しい概念のプロダクト 思わず驚嘆する秀逸なアイデア 世の中を良い方へと導く社会性のある取り組み 見る者の心を掴む創造性あふれるアート 今まさに、世界中で起きているこれらの出来事を、編集部で集め、調べ、取材し、わかりやすい動画と共に毎日お届けします。
GYAO! 広告

映像一覧