窪田正孝、劇中キャラとのギャップ!天然ぶり発揮で会場和む 武田真治の印象は“エロイ”
再生

ブラウザーで視聴する

窪田正孝、劇中キャラとのギャップ!天然ぶり発揮で会場和む 武田真治の印象は“エロイ”

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

窪田正孝、劇中キャラとのギャップ!天然ぶり発揮で会場和む 武田真治の印象は“エロイ”

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
窪田正孝、劇中キャラとのギャップ!天然ぶり発揮で会場和む 武田真治の印象は“エロイ”

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
窪田正孝、劇中キャラとのギャップ!天然ぶり発揮で会場和む 武田真治の印象は“エロイ”

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
窪田正孝、劇中キャラとのギャップ!天然ぶり発揮で会場和む 武田真治の印象は“エロイ”

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

窪田正孝、劇中キャラとのギャップ!天然ぶり発揮で会場和む 武田真治の印象は“エロイ”

窪田正孝、劇中キャラとのギャップ!天然ぶり発揮で会場和む 武田真治の印象は“エロイ”

 俳優の窪田正孝が6日、都内で行われた映画『Diner ダイナー』ジャパンプレミアに登壇。  同作物語のヒロイン・カナコ(玉城ティナ)は出来心から日給30万の怪しいバイトに手を出し、ウェイトレスとしてダイナー(食堂)に売られてしまう。店主と名乗るボンベロ(藤原竜也)からは「ここは殺し屋専用のダイナーだ。皿の置き方ひとつで消されることもある」と忠告を受ける。次々に現れる殺し屋たちの世界に放り込まれたカナコ。ボンベロとは一体何者なのか。“命がクズ同然”のダイナーで、最高級の殺し合いが描かれる。

再生時間
00:03:43
配信期間
未定
タイトル情報
オリコン
芸能情報を毎日更新!
GYAO! 広告

映像一覧