bouncy / バウンシー 窓もドアもなし?チョイ乗りに◎ 2人乗りの三輪小型EV「Arcimoto FUV」
再生

ブラウザーで視聴する

bouncy / バウンシー 窓もドアもなし?チョイ乗りに◎ 2人乗りの三輪小型EV「Arcimoto FUV」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

bouncy / バウンシー 窓もドアもなし?チョイ乗りに◎ 2人乗りの三輪小型EV「Arcimoto FUV」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
bouncy / バウンシー 窓もドアもなし?チョイ乗りに◎ 2人乗りの三輪小型EV「Arcimoto FUV」

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
bouncy / バウンシー 窓もドアもなし?チョイ乗りに◎ 2人乗りの三輪小型EV「Arcimoto FUV」

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
bouncy / バウンシー 窓もドアもなし?チョイ乗りに◎ 2人乗りの三輪小型EV「Arcimoto FUV」

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

bouncy / バウンシー 窓もドアもなし?チョイ乗りに◎ 2人乗りの三輪小型EV「Arcimoto FUV」

bouncy / バウンシー 窓もドアもなし?チョイ乗りに◎ 2人乗りの三輪小型EV「Arcimoto FUV」

アメリカのスタートアップArcimotoが開発した「Fun Utility Vehicle (FUV)」。2人乗りで、標準装備ではドアも窓もなく、タイヤは四輪ではなく三輪という、バギーのような小型EVとして注目を集めています。 通勤通学からラストワンマイルまで 複数モデルの三輪EVをラインナップするArcimoto。スタンダードな「FUV」は、運転席の左右にドアのない開放的すぎるデザインもありますが、 いろいろカスタムできるようです。最高速度128kmで走れて、航続距離はフルチャージから約112km。拡張バッテリーを使えば最大200kmまで走行できます。 価格は11,900ドル(約120万円)という値段設定も合わせて、ロングドライブを必要としない人にとっては、通勤や通学など、ちょっとした移動を手軽にこなしてくれそう。 シートベルトを着けるとはいえ、「ドアがないのは少し……」という場合は、オプションでカスタマイズすればOK。 FUVをアップグレードしたフラッグシップモデル「Evergreen Edition」もプレオーダーをスタートしています。標準でハーフドアが付いているなど、さまざまな装備を加え、価格は19,900ドル(約210万円)ほど。2019年夏ごろに登場予定です。 さらに、1人乗りにして配達BOXを後部に備えた配達車モデル「Deliverator」もラインナップ。最近流行のUber Eatsも、これがあればもっとスムーズにこなせるかもしれません。 ・ ・ ・ 世界各国の自動車メーカーがEVの開発を進めるなか、「ガチの自動車」ではなく、「チョイ乗りカー」として登場したArcimoto。自動車に興味がない層でも、「毎日の足」としてなら、需要はあるかもしれませんね。とにもかくにも、一度乗ってみたい……。

再生時間
00:01:00
配信期間
未定
タイトル情報
bouncy / バウンシー
「bouncy」は、「動画」をメインにファンとコミュニケーションする、ミレニアル世代のための「テクノロジー&ガジェットメディア」です。 未来を実現する最先端のテクノロジー つい欲しくなる新しい概念のプロダクト 思わず驚嘆する秀逸なアイデア 世の中を良い方へと導く社会性のある取り組み 見る者の心を掴む創造性あふれるアート 今まさに、世界中で起きているこれらの出来事を、編集部で集め、調べ、取材し、わかりやすい動画と共に毎日お届けします。
GYAO! 広告

映像一覧