究極のエコカーは三輪型?一人乗りに特化した小型電気自動車「Meccanica SOLO」
再生

ブラウザーで視聴する

究極のエコカーは三輪型?一人乗りに特化した小型電気自動車「Meccanica SOLO」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

究極のエコカーは三輪型?一人乗りに特化した小型電気自動車「Meccanica SOLO」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
究極のエコカーは三輪型?一人乗りに特化した小型電気自動車「Meccanica SOLO」

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
究極のエコカーは三輪型?一人乗りに特化した小型電気自動車「Meccanica SOLO」

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
究極のエコカーは三輪型?一人乗りに特化した小型電気自動車「Meccanica SOLO」

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

究極のエコカーは三輪型?一人乗りに特化した小型電気自動車「Meccanica SOLO」

究極のエコカーは三輪型?一人乗りに特化した小型電気自動車「Meccanica SOLO」

北米では毎日1億1900万人が車で通勤。そのうちの1億500万人が一人で通勤しているという。 たった一人の移動にかかる車の燃料、維持費、環境への影響を考えると、従来のガソリン自動車は明らかに無駄が多い。そこで開発されたのがこの小型電気自動車「Meccanica SOLO」だ。 ミニマム化してたどりついた三角形デザイン 真っ先に目を引くのが、後部が細い独特の三角形のデザイン。メインユーザーを一人通勤者に絞り、不要な座席やパーツを取り払ってミニマム化した結果、後輪駆動の三輪型(トライク)にたどりついた。 従来のガソリン自動車に比べて、部品数は99%も減少。構造がシンプルな分、マシントラブルが起きにくく、メンテナンスにかかる手間と費用を大きく減らせるという。 一人通勤に十分な性能と乗り心地を担保 ミニマムな見た目だがパフォーマンスも決して悪くない。時速100キロまで約8秒で到達し、最高時速は130キロ、最長走行距離160km(フル充電3時間)で、通勤車両としては十分な性能だ。 ヒーターシート、Bluetoothステレオ、後方カメラ搭載で乗り心地も快適。後部トランクには荷物も収納できる。 厳密な走行テストを繰り返し、安全性もしっかり確保。多くの国の安全基準をクリアしているという。 「Meccanica SOLO」は北米でメーカー希望小売価格18,500ドル(約196万円)で販売されており、日本での販売も期待されている。 ・ ・ ・ 近い将来、三輪型自動車が一人通勤の定番になるかも? Meccanica SOLO Electra Meccanica

再生時間
00:01:02
配信期間
未定
タイトル情報
bouncy / バウンシー
「bouncy」は、「動画」をメインにファンとコミュニケーションする、ミレニアル世代のための「テクノロジー&ガジェットメディア」です。 未来を実現する最先端のテクノロジー つい欲しくなる新しい概念のプロダクト 思わず驚嘆する秀逸なアイデア 世の中を良い方へと導く社会性のある取り組み 見る者の心を掴む創造性あふれるアート 今まさに、世界中で起きているこれらの出来事を、編集部で集め、調べ、取材し、わかりやすい動画と共に毎日お届けします。