相川七瀬、初の始球式はノーバンならずも笑顔「次もし機会があったら、真ん中に」
再生

ブラウザーで視聴する

相川七瀬、初の始球式はノーバンならずも笑顔「次もし機会があったら、真ん中に」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

相川七瀬、初の始球式はノーバンならずも笑顔「次もし機会があったら、真ん中に」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
相川七瀬、初の始球式はノーバンならずも笑顔「次もし機会があったら、真ん中に」

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
相川七瀬、初の始球式はノーバンならずも笑顔「次もし機会があったら、真ん中に」

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
相川七瀬、初の始球式はノーバンならずも笑顔「次もし機会があったら、真ん中に」

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

相川七瀬、初の始球式はノーバンならずも笑顔「次もし機会があったら、真ん中に」

相川七瀬、初の始球式はノーバンならずも笑顔「次もし機会があったら、真ん中に」

 歌手の相川七瀬が15日、横浜スタジアムで開催されたプロ野球・セリーグの横浜DeNAベイスターズ対中日ドラゴンズ戦で自身初となる始球式に臨んだ。  背中に“NANASE”とかかれた背番号7のユニフォームで登場し観客の声援に応えてマウンドに立った。セットポジションから左足を高くあげ堂々たる投球フォームを披露。惜しくも左にそれ、キャッチャー手前でワンバウンドするも満面の笑みを浮かべていた。  始球式後に感想を聞かれた相川は「ずっと練習してきたんですけど、マウンドに立つと、すごく遠く感じた。斜めに行っちゃったんですけど、でも横浜への愛を思いっきり投げたので」と満足げに語った。  投球の点数は「35点くらいですね。次もし機会があったら、真ん中に投げたいです」と厳しめ。1995年11月8日に「夢見る少女じゃいられない」でデビューし歌手として数多くステージに立ってきた相川だが「いや、始球式の方が(ライブより)緊張しますね。歌を歌う方が私にとっては簡単ですね」とアーティストとしての顔ものぞかせていた。

再生時間
00:03:36
配信期間
未定
タイトル情報
オリコン
芸能情報を毎日更新!
GYAO! 広告

映像一覧