白井ありさ 10分で出来る!【フライパン1つで簡単】鮭とほうれん草のクリームソース(クリーム煮)
再生

ブラウザーで視聴する

白井ありさ 10分で出来る!【フライパン1つで簡単】鮭とほうれん草のクリームソース(クリーム煮)

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

白井ありさ 10分で出来る!【フライパン1つで簡単】鮭とほうれん草のクリームソース(クリーム煮)

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
白井ありさ 10分で出来る!【フライパン1つで簡単】鮭とほうれん草のクリームソース(クリーム煮)

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
白井ありさ 10分で出来る!【フライパン1つで簡単】鮭とほうれん草のクリームソース(クリーム煮)

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
白井ありさ 10分で出来る!【フライパン1つで簡単】鮭とほうれん草のクリームソース(クリーム煮)

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

白井ありさ 10分で出来る!【フライパン1つで簡単】鮭とほうれん草のクリームソース(クリーム煮)

白井ありさ 10分で出来る!【フライパン1つで簡単】鮭とほうれん草のクリームソース(クリーム煮)

9月から11月に旬をむかえる「鮭(秋鮭)」。鮭を使った定番メニューには鮭のムニエルや鮭のちゃんちゃん焼きなどが有名です。秋鮭は脂分が控えめで身があっさりとしているので、バターや生クリームなどを使った料理に向いています。そこで、今回はほうれん草と一緒にクリームソースでおしゃれに仕上げました。たった10分、ワンパン(フライパン1つ)で作ったとは思えない一品です。フレンチレストランで出てきそうな仕上がりですが、料理初心者の方でも難なく作れるお手軽レシピです。調理中火加減はずっと中火で、火加減の調整が必要ないこともこのレシピの魅力。 パリッと焼いた鮭と、ほうれん草とマッシュルームのクリームソースの相性は抜群。途中でかぼす(すだちやレモンでも○)を絞って食べれば、爽やかに味変!最後まで飽きずに美味しくいただけます。ソースは残ったらパンに漬けてお召し上がりください。週末おうちレストランに作ってみてはいかがですか? 時間:10分 難易度:★☆☆ 【材料】1人前 甘鮭 1切 オリーブオイル 小さじ1 ほうれん草 1/3把 塩こしょう 適量 マッシュルーム 3個 (A)牛乳 70ml (A)生クリーム 50ml (A)クリームチーズ 20g (A)塩 1つまみ (A)こしょう 少々 かぼすやすだち 適量 【作り方】 ①ほうれん草は5等分に切り、マッシュルームは5mm厚程度に切る ②甘鮭の両面に塩こしょうをふり、中火に熱したフライパンにオリーブオイルを加えて両面焼き、取り出しておく ③同じフライパン(残り油を拭き取ったもの)にオリーブオイル・ほうれん草・マッシュルームを加えて中火で炒める ④全体がしんなりしてきたら塩こしょうで下味をつけ、そこに(A)を加えてクリームチーズをよく溶かし、火を止める ⑤お皿に④、甘鮭、の順に盛り付け、お好みですだちをトッピングする 【ポイント】 ・ずっと中火! ・フライパン1つでまるでレストランにでてくる豪華な主菜 ・途中でスライスしたかぼすを絞って食べても美味しい ■レシピ考案:白井ありさ Instagramでもレシピ更新中! ぜひフォローしてね(^○^) https://www.instagram.com/arigohan ■参考情報/Yahoo!ショッピング 《お得!ティファールの鍋&フライパンセット》 https://shopping.yahoo.co.jp/products/z2s6qihf2q?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products 《私も愛用している三徳包丁!切れ味抜群 スーパーストーンバリア包丁》 https://shopping.yahoo.co.jp/products/z4gdmism3j?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products 《おしゃれなイワタニのカセットコンロ》 https://shopping.yahoo.co.jp/products/63e4da4aab?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products

再生時間
00:00:56
配信期間
未定
タイトル情報
白井ありさ
フジテレビ「笑っていいとも!3Dキャラごはんコンテスト」2回優勝後、雑誌・TVにて多数出演。料理教室の講師を務めつつ企業のレシピ開発、販売促進に携わる。2014年、obentoの世界大会で準優勝する。上智大学卒業後、大手食品メーカーの開発営業を経て独立。現在はビジュアルフードクリエイター協会の会長を務めつつ、デパ地下のお弁当惣菜のプロデュース、企業のレシピ開発を中心に活動。アジア圏でもメディアの出演・現地でのワークショップを開催。見た目にインパクトのある料理をきっかけに食べることの楽しさ・作ることの大切さを伝える食育を推進している。