白井ありさ 雨の日も楽しい!型不要【梅雨】カタツムリ☆アイスボックスクッキー〜ザクザク食感
再生

ブラウザーで視聴する

白井ありさ 雨の日も楽しい!型不要【梅雨】カタツムリ☆アイスボックスクッキー〜ザクザク食感

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

白井ありさ 雨の日も楽しい!型不要【梅雨】カタツムリ☆アイスボックスクッキー〜ザクザク食感

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
白井ありさ 雨の日も楽しい!型不要【梅雨】カタツムリ☆アイスボックスクッキー〜ザクザク食感

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
白井ありさ 雨の日も楽しい!型不要【梅雨】カタツムリ☆アイスボックスクッキー〜ザクザク食感

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
白井ありさ 雨の日も楽しい!型不要【梅雨】カタツムリ☆アイスボックスクッキー〜ザクザク食感

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

白井ありさ 雨の日も楽しい!型不要【梅雨】カタツムリ☆アイスボックスクッキー〜ザクザク食感

白井ありさ 雨の日も楽しい!型不要【梅雨】カタツムリ☆アイスボックスクッキー〜ザクザク食感

いよいよ梅雨に入りましたね。今年の梅雨は雨量が多く、梅雨明けは例年より早いようです。雨の日になるとあめふりの歌や、かたつむりの歌が浮かびます。でんでんむしむし かたつむり〜♪ 思わず口ずさみたくなっちゃう歌詞♪ 今回は、そんな歌詞の中にも出てくる「かたつむり」をモチーフにしたクッキーレシピをご紹介。クッキーには様々な種類がありますが、ご紹介するのはアイスボックスクッキーです。アイスボックスクッキーとは、クッキー生地を細長く形成し、冷蔵庫で冷やしてから包丁で輪切りにして焼いたものを言います。うずまき型に作ったアイスボックスクッキーを更に、かたつむりの見た目になるようデコレーション♪かたつむりの顔がついてなんとも可愛い見た目です。食べるのが勿体ない! 梅雨モチーフのクッキーやスイーツを作って、ステイホームしながらお家時間を満喫しちゃってくださいね! 作業時間:30分(冷やす時間/焼き時間含まない) 難易度:★★☆ 【材料】12個分 無塩バター 120g(常温に戻しておく) 塩 ひとつまみ 卵 1個 砂糖 80g バニラエッセンス 適量 (a)薄力粉 240g (b)薄力粉 75g (b)ココア 5g 乾燥パスタ 適量 チョコペン 1本 【作り方】 ①常温に戻したバターと塩をヘラでよく練る
②別のボウルで卵・砂糖・バニラエッセンスをよく混ぜる
③①と②を合わせ混ぜる
④③を1:3に分け、多い方に(a)薄力粉、少ない方に(b)薄力粉+(b)ココアを加えて混ぜる ⑤ラップの上からココア生地を約15×25cmの長方形に伸ばし、白生地は半分の量を同様に伸ばす(残した白生地は後で使う) ⑥生地を重ね、上からめん棒を軽く転がして白生地とココア生地を馴染ませる
⑦端からくるくると巻き、冷凍庫で20分ほど冷やす
⑧冷やしたら12等分に切り、白生地とパスタでカタツムリの形になるよう形成する ⑨180度に熱したオーブンで17分焼く ⑩焼けて粗熱がとれたらチョコペンでカタツムリの顔をデコレーションする 【ポイント】 ・生地を伸ばすときラップの上から行いましょう ・生地は多めに作って冷凍しておいても◯ レシピ考案:白井ありさ ★Instagramでもレシピ更新中! https://www.instagram.com/arigohan/ ■参考情報/Yahoo!ショッピング 《お買い求めやすい人気のオーブンレンジ!スタイリッシュ》 https://shopping.yahoo.co.jp/products/254badcf25?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products 《私も愛用している三徳包丁!切れ味抜群 スーパーストーンバリア包丁》 https://shopping.yahoo.co.jp/products/z4gdmism3j?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products 《材料を混ぜたり、加熱したり!耐熱ガラス保存容器 持っていると便利!》 https://shopping.yahoo.co.jp/products/z4eocrgadp?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products

再生時間
00:01:24
配信期間
未定
タイトル情報
白井ありさ
フジテレビ「笑っていいとも!3Dキャラごはんコンテスト」2回優勝後、雑誌・TVにて多数出演。料理教室の講師を務めつつ企業のレシピ開発、販売促進に携わる。2014年、obentoの世界大会で準優勝する。上智大学卒業後、大手食品メーカーの開発営業を経て独立。現在はビジュアルフードクリエイター協会の会長を務めつつ、デパ地下のお弁当惣菜のプロデュース、企業のレシピ開発を中心に活動。アジア圏でもメディアの出演・現地でのワークショップを開催。見た目にインパクトのある料理をきっかけに食べることの楽しさ・作ることの大切さを伝える食育を推進している。