白井ありさ 濃厚パスタ【15分で簡単】秋の味覚 きのこたっぷり♪クリームパスタ
再生

ブラウザーで視聴する

白井ありさ 濃厚パスタ【15分で簡単】秋の味覚 きのこたっぷり♪クリームパスタ

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

白井ありさ 濃厚パスタ【15分で簡単】秋の味覚 きのこたっぷり♪クリームパスタ

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
白井ありさ 濃厚パスタ【15分で簡単】秋の味覚 きのこたっぷり♪クリームパスタ

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
白井ありさ 濃厚パスタ【15分で簡単】秋の味覚 きのこたっぷり♪クリームパスタ

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
白井ありさ 濃厚パスタ【15分で簡単】秋の味覚 きのこたっぷり♪クリームパスタ

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

白井ありさ 濃厚パスタ【15分で簡単】秋の味覚 きのこたっぷり♪クリームパスタ

白井ありさ 濃厚パスタ【15分で簡単】秋の味覚 きのこたっぷり♪クリームパスタ

食欲の秋がやってきました!美味しい食材がたくさんある季節ですよね。きのこ、栗、お芋、秋刀魚、柿…などなど、魅力的な食材がたくさんあります。今回はそんな秋の味覚の中から「きのこ」を使った絶品パスタをご紹介!しめじ、エリンギ、舞茸、マッシュルームの4種を濃厚なクリームソースに仕上げます。4種ものきのこを活用することで、旨味のある味が作られます。使用するきのこはその他、えのきや椎茸など、お好みのきのこを選んでください。 過度に調理せず、シンプルに調理。そうすることで素材そのものの美味しさが活きます。濃厚なクリームソースには隠し味に「醤油」を少し加え、コクのあるパスタソースに♪ たった15分でご馳走の完成です。見た目に反して簡単に作れるので、ぜひお試しください。一度食べたらまた食べたくなる味です! 時間:15分 難易度:★★☆ 【材料】1人前 しめじ、えりんぎ、まいたけ、マッシュルームなど合わせて150g にんにく 1片 オリーブオイル 大さじ1 塩こしょう 適量 パスタ 100g (a)生クリーム 100ml (a)コンソメ 小さじ1/2 (a)醤油 小さじ1/4 (a)黒こしょう 少々 (お好みで)ディル 適量 【下ごしらえ】 ・パスタは規定時間マイナス1分(目安)茹で、オリーブオイル適量(分量外)を和えておく ・にんにくはみじん切りにしておく 【作り方】 ①きのこを食べやすい大きさに切る ②フライパンにみじん切りにしたにんにく・オリーブオイルを加えて弱火にかける ③にんにくの香りが上がったら、①のきのこを加え、中火で炒める ④炒まったら塩こしょうで下味をつけ、(a)を加える ⑤そこに茹でたパスタを加えてソースとよく絡め、お皿に盛る ⑥黒こしょうとディルをトッピングする 【ポイント】 ・①できのこを切る時、同じくらいのサイズに切ると火入れが均等になります ・パスタは規定時間よりマイナス1分(目安)に茹でることで、パスタソースに絡めた時、ちょうど良い固さになる ・きのこはお好みのものを使いましょう、椎茸やえのきも美味しいです レシピ考案:白井ありさ ★Instagramでもレシピ更新中! ぜひフォローしてね(^○^) https://www.instagram.com/arigohan ■参考情報/Yahoo!ショッピング 《お得!ティファールの鍋&フライパンセット 動画内でもセットの鍋を使用しています》 https://shopping.yahoo.co.jp/products/z2s6qihf2q?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products 《私も愛用!ディチェコの乾燥パスタ》 https://shopping.yahoo.co.jp/products/z78rnqnkdh?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products 《香りが良い♪オーガニック黒こしょう》 https://shopping.yahoo.co.jp/products/08a89ee288?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products

再生時間
00:00:45
配信期間
未定
タイトル情報
白井ありさ
フジテレビ「笑っていいとも!3Dキャラごはんコンテスト」2回優勝後、雑誌・TVにて多数出演。料理教室の講師を務めつつ企業のレシピ開発、販売促進に携わる。2014年、obentoの世界大会で準優勝する。上智大学卒業後、大手食品メーカーの開発営業を経て独立。現在はビジュアルフードクリエイター協会の会長を務めつつ、デパ地下のお弁当惣菜のプロデュース、企業のレシピ開発を中心に活動。アジア圏でもメディアの出演・現地でのワークショップを開催。見た目にインパクトのある料理をきっかけに食べることの楽しさ・作ることの大切さを伝える食育を推進している。