白井ありさ 激ウマ!タコライス 【レンジで超簡単】火を使わないレシピ
再生

ブラウザーで視聴する

白井ありさ 激ウマ!タコライス 【レンジで超簡単】火を使わないレシピ

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

白井ありさ 激ウマ!タコライス 【レンジで超簡単】火を使わないレシピ

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
白井ありさ 激ウマ!タコライス 【レンジで超簡単】火を使わないレシピ

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
白井ありさ 激ウマ!タコライス 【レンジで超簡単】火を使わないレシピ

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
白井ありさ 激ウマ!タコライス 【レンジで超簡単】火を使わないレシピ

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

白井ありさ 激ウマ!タコライス 【レンジで超簡単】火を使わないレシピ

白井ありさ 激ウマ!タコライス 【レンジで超簡単】火を使わないレシピ

今年の梅雨明けはもう少し先になりそうですが、暑く夏らしい日が続いています。この時期には夏バテで食欲が減ってしまう方も多いですが、しっかり食べて対策しましょう。 今回は火を使わずに作れる「タコライス 」のレシピをご紹介します。タコライス は、メキシコ風アメリカ料理のタコスの具材をご飯の上に乗せた沖縄料理です。夏に食べたくなるメニューですよね。 今回のレシピの最大の魅力は「火を使わずに作れる」ことです。火を扱う台所は気温が高く、夏場は料理をするのが苦痛になりがちです…。そんな時、レンジをうまく活用して暑い夏を乗り切りましょう!タコライスの具材をワンボウルで、さらにレンジのスイッチ1つで仕上げます。 アボカドやトマト、チーズに卵をトッピングした豪華なタコライス ♪ワンプレートでお肉から野菜、お米に卵までバランスよく摂れます。ランチや夕飯にぜひ作ってみてください。お好みでタバスコをかけて、ピリ辛に仕上げても美味しいですよ。 【材料】1人前 (a)牛豚合挽き肉 150g (a)トマトケチャップ 大さじ2 (a)中濃ソース 大さじ1 (a)にんにくチューブ 2cm (a)塩こしょう 小さじ1/5 (a)チリパウダー 適量(入れなくても◯) アボカド 1/2個 プチトマト 2個 レタス 葉2枚 チェダーチーズ 20g ごはん 150g タコスチップス 適量 半熟卵 1個 【作り方】 ①耐熱ボウルに(a)を加えて混ぜ、ふんわりラップをして600wのレンジで4分加熱する ②レタスは刻み、トマトはダイス状に切り、アボカドは1cm幅に切っておく ③ご飯の上に刻んだレタス・①のタコミート・トマト・チェダーチーズ・アボカド・タコスチップス・温泉卵を順に盛り付ける 【ポイント】 ・ラップはぴっちりつけずにふわっとする ・レンジ加熱すると合挽き肉から脂が浮き出る場合があります。苦手だったら加熱後に取り除きましょう ・お子様と一緒に食べる場合はチリパウダーの量を調節しましょう ・半熟卵を作るのが面倒な場合、目玉焼きでもOK。ちなみに、半熟卵は下記の通りレンジで作れます! ■参考情報/Yahoo!ショッピング 《大人気!バリュミューダの超おしゃれオーブンレンジ★この夏は電子レンジ調理で暑さを乗り越える》 https://shopping.yahoo.co.jp/products/4980699314?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products 《ごはんもレンジ調理で時短!手軽に美味しく♪低温製法米の美味しいレトルトごはん》 https://shopping.yahoo.co.jp/products/01c1f74696?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products 《冷凍業務用500g 牛豚合挽き肉 パラパラ凍結で使いやすい!冷凍庫にストックしておくと便利!》 https://store.shopping.yahoo.co.jp/syokusai-netcom/17919.html?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_title ビジュアルフードクリエイター協会会長 白井ありさ

再生時間
00:01:15
配信期間
未定
タイトル情報
白井ありさ
フジテレビ「笑っていいとも!3Dキャラごはんコンテスト」2回優勝後、雑誌・TVにて多数出演。料理教室の講師を務めつつ企業のレシピ開発、販売促進に携わる。2014年、obentoの世界大会で準優勝する。上智大学卒業後、大手食品メーカーの開発営業を経て独立。現在はビジュアルフードクリエイター協会の会長を務めつつ、デパ地下のお弁当惣菜のプロデュース、企業のレシピ開発を中心に活動。アジア圏でもメディアの出演・現地でのワークショップを開催。見た目にインパクトのある料理をきっかけに食べることの楽しさ・作ることの大切さを伝える食育を推進している。