白井ありさ 放置するだけ 簡単!ピリ辛【しっとり柔らか鶏むね肉】病みつきネギ塩ダレ
再生

ブラウザーで視聴する

白井ありさ 放置するだけ 簡単!ピリ辛【しっとり柔らか鶏むね肉】病みつきネギ塩ダレ

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

白井ありさ 放置するだけ 簡単!ピリ辛【しっとり柔らか鶏むね肉】病みつきネギ塩ダレ

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
白井ありさ 放置するだけ 簡単!ピリ辛【しっとり柔らか鶏むね肉】病みつきネギ塩ダレ

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
白井ありさ 放置するだけ 簡単!ピリ辛【しっとり柔らか鶏むね肉】病みつきネギ塩ダレ

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
白井ありさ 放置するだけ 簡単!ピリ辛【しっとり柔らか鶏むね肉】病みつきネギ塩ダレ

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

白井ありさ 放置するだけ 簡単!ピリ辛【しっとり柔らか鶏むね肉】病みつきネギ塩ダレ

白井ありさ 放置するだけ 簡単!ピリ辛【しっとり柔らか鶏むね肉】病みつきネギ塩ダレ

雨が続きどんよりとした天気の日が続いていますね。おうち時間が増えた今、自炊をすることが増えたかと思います。毎日料理していると献立を立てるのが大変ですよね。そんな時にレシピ動画をお役立ていただけたらと思います。 今回は家計の見方「鶏胸肉」を極上に調理します。パサつきがちな鶏胸肉ですが、柔らかしっとりに仕上げます!沸騰したお湯に鶏むね肉を入れ、そのまま20分放置するだけで鶏胸肉の調理が完了!鶏ハムを作るより簡単に作れますよ。放置している間にタレを作ったり、2品目を作ったりできるのでとても手際よく調理を進められます。タレは薬味たっぷり、病みつきになるピリ辛タレです。おつまみにもおかずにもなります。これから暑くなった時、でできるだけ火を使う時間を短くしたいものです。そんな時にもおすすめしたいレシピです。 【材料】2−3人前 ●茹で鶏 鶏胸肉 1枚 塩こしょう 酒 大さじ2 ●タレ ネギ 1/3本 搾菜 50g 生姜 1片 (a)酢 大さじ1 (a)醤油 大さじ1 (a)ごま油 大さじ1 (a)砂糖 小さじ1.5 (a)にんにくチューブ 1cm (a)ラー油 適量 ●あしらい きゅうり 1/2本 プチトマト 4個 糸唐辛子 【作り方】 ①鶏胸肉の両面に塩こしょうをふる ②水1.5ℓを沸かしたら火を止める そこに酒を加え、①の鶏胸肉を入れたら蓋をしてそのまま20-25分放置する ③タレを作る ネギ・搾菜・生姜はそれぞれ微塵切りにし、(a)と合わせる ④きゅうりは刻み、プチトマトは半分に切っておく ⑤鶏胸肉をお湯から引き揚げ、食べやすい大きさにスライスする ⑥刻んだきゅうりの上に⑤の鶏胸肉をのせ、③のタレをかける プチトマトと糸唐辛子をトッピングする 【ポイント】 ・②の時、もし生姜やネギの青い部分が残っていたら臭み消しに加えましょう。 ・ネギは青い部分も使います。 ・鶏胸肉の厚みや大きさによって火の入り方が変わります。  お湯に放置する目安は20〜25分ほどです。鶏胸肉を取り足して、中心に箸をさし、少し押した時に透明の脂が出てくれば中までヵ熱できている証拠です。 ■参考情報/Yahoo!ショッピング 《深い鍋 寸胴鍋 1台あるとパスタの茹でや塊肉の調理に便利!》 https://shopping.yahoo.co.jp/products/z4ffq71if5?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products 《IH 卓上コンロ IHで安全》 https://shopping.yahoo.co.jp/products/147363042d?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products 《送料無料!美味しい岩手県産あべ鶏 胸肉 冷凍で便利》 https://store.shopping.yahoo.co.jp/syokuniku/wakadori2-1.html?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_img ビジュアルフードクリエイター協会会長 白井ありさ

再生時間
00:01:23
配信期間
未定
タイトル情報
白井ありさ
フジテレビ「笑っていいとも!3Dキャラごはんコンテスト」2回優勝後、雑誌・TVにて多数出演。料理教室の講師を務めつつ企業のレシピ開発、販売促進に携わる。2014年、obentoの世界大会で準優勝する。上智大学卒業後、大手食品メーカーの開発営業を経て独立。現在はビジュアルフードクリエイター協会の会長を務めつつ、デパ地下のお弁当惣菜のプロデュース、企業のレシピ開発を中心に活動。アジア圏でもメディアの出演・現地でのワークショップを開催。見た目にインパクトのある料理をきっかけに食べることの楽しさ・作ることの大切さを伝える食育を推進している。