白井ありさ 手作りおせち【レンジで簡単】栗きんとん★お節作り初心者にも!
再生

ブラウザーで視聴する

白井ありさ 手作りおせち【レンジで簡単】栗きんとん★お節作り初心者にも!

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

白井ありさ 手作りおせち【レンジで簡単】栗きんとん★お節作り初心者にも!

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
白井ありさ 手作りおせち【レンジで簡単】栗きんとん★お節作り初心者にも!

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
白井ありさ 手作りおせち【レンジで簡単】栗きんとん★お節作り初心者にも!

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
白井ありさ 手作りおせち【レンジで簡単】栗きんとん★お節作り初心者にも!

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

白井ありさ 手作りおせち【レンジで簡単】栗きんとん★お節作り初心者にも!

白井ありさ 手作りおせち【レンジで簡単】栗きんとん★お節作り初心者にも!

2021年も残すところあと少し。忙しい年末を終えたらお正月ですね。新しい年をお迎えする準備はもうお済みでしょうか。 お正月といえば「おせち」。新年を迎えるのに欠かせない日本の伝統料理ですが、手間も時間もかかるのは事実です。そのため、おせちは買う方も多いようです。そこで、今回は出来るだけ手作りしたいけどあまり手間も時間もかけたくない!という方におすすめのレシピをご紹介。レンジで簡単に作れる「栗きんとん」です!レンジで作ってもしっかり本格的な味に仕上げることができます。また、丸めてから上に栗をのせ、可愛らしい見た目に仕上げました。おせちに入れるのはもちろん、簡素的におせちをワンプレートにし、一緒に盛り付けても良さそうです。 全部のおせち具材を作るのは大変なので、1品だけでも手作りに挑戦してみてくださいね。手作りは格別な味になるかも…?! 時間:30分 難易度:★★☆ 【材料】3-4人前
サツマイモ 300g
くちなし 1個(半分に割ってからお茶パックに入れておく。下記のポイント参照。) 塩 2つまみ
栗甘露煮の汁 50ml はちみつ 小さじ2 栗甘露煮 6粒 【作り方】 ①さつまいもの皮を厚めに剥き、一口大に切ったら耐熱ボウルに入れ、水に約分さらしてから水を捨てる。くちなしとかぶるくらいの水を加え、ラップをして600wのレンジで15分加熱する。 ②よく潰し(できれば裏漉し)、(a)を加えて混ぜる。 ③ラップをせずに600wのレンジでさらに3分加熱する。 ④粗熱が取れたら適量手に取って丸め、ナイフの背などを使って線をつけ、栗甘露煮をトッピングする。 【ポイント】 ・くちなしの使い方 くちなしを手のひらで上から押し、半分に割ってから使います。硬い場合はキッチンハサミを使って半分に割りましょう。割ったら、殻も全てお茶パックに入れ、今回は芋と一緒に煮出して使います。 ・今回は可愛らしく丸めましたが、もちろん丸めずに器やお重に盛っても◎ また、今回丸めるため③で水分をしっかり飛ばしましたが、丸めない場合は水分を飛ばしすぎず、柔らかく仕上げても◎ ・「はちみつ」の代わりに「本みりん」を使ってもOK。その場合③でしっかりアルコール分を飛ばしましょう。 レシピ考案:白井ありさ ★Instagramでもレシピ更新中! ぜひフォローしてね(^○^) https://www.instagram.com/arigohan ■参考情報/Yahoo!ショッピング 《バリュミューダ オーブンレンジ 電子レンジ!1台で2役おしゃれレンジ》 https://shopping.yahoo.co.jp/products/4980699314?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products 《調理に便利な耐熱ボウル》 https://shopping.yahoo.co.jp/products/z4grp9ne38?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products 《切れ味抜群!私も愛用しているスーパーストーンバリア三徳包丁》https://shopping.yahoo.co.jp/products/z4gdmism3j?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products

再生時間
00:01:09
配信期間
未定
タイトル情報
白井ありさ
フジテレビ「笑っていいとも!3Dキャラごはんコンテスト」2回優勝後、雑誌・TVにて多数出演。料理教室の講師を務めつつ企業のレシピ開発、販売促進に携わる。2014年、obentoの世界大会で準優勝する。上智大学卒業後、大手食品メーカーの開発営業を経て独立。現在はビジュアルフードクリエイター協会の会長を務めつつ、デパ地下のお弁当惣菜のプロデュース、企業のレシピ開発を中心に活動。アジア圏でもメディアの出演・現地でのワークショップを開催。見た目にインパクトのある料理をきっかけに食べることの楽しさ・作ることの大切さを伝える食育を推進している。