白井ありさ 型要らず【簡単!冷んやりゼリー】ぷるるん♪丸ごと夏みかんゼリー
再生

ブラウザーで視聴する

白井ありさ 型要らず【簡単!冷んやりゼリー】ぷるるん♪丸ごと夏みかんゼリー

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

白井ありさ 型要らず【簡単!冷んやりゼリー】ぷるるん♪丸ごと夏みかんゼリー

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
白井ありさ 型要らず【簡単!冷んやりゼリー】ぷるるん♪丸ごと夏みかんゼリー

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
白井ありさ 型要らず【簡単!冷んやりゼリー】ぷるるん♪丸ごと夏みかんゼリー

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
白井ありさ 型要らず【簡単!冷んやりゼリー】ぷるるん♪丸ごと夏みかんゼリー

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

白井ありさ 型要らず【簡単!冷んやりゼリー】ぷるるん♪丸ごと夏みかんゼリー

白井ありさ 型要らず【簡単!冷んやりゼリー】ぷるるん♪丸ごと夏みかんゼリー

生憎の雨が続いていますね。梅雨はおうち時間を楽しみましょう! 今回は夏に旬を迎える「夏みかん」を使ったスイーツのレシピをご紹介します。そのまま食べても美味しい夏みかんですが、ひと工夫でレベルアップした夏みかんのスイーツに仕上がります。夏みかんを丸ごと使い、冷凍みかんを作ってから全体にゼリーをまとわせます。型を使わずに作れるのもこのレシピの魅力です。冷凍みかんをゼリー液に潜らせることで、綺麗にみかん全体にゼリーコーティングがされます。温度を活用したレシピです♪ 甘酸っぱい夏みかんで、お口も心もリフレッシュ♪取り除くのが難しい、みかんの白い繊維を簡単に取り除く方法も動画の中に盛り込んであります。是非参考にしていただき、旬の夏みかんを味わってくださいね。 外はぷるるんとした食感、中は冷んやりな一品。夏にぴったりです。キラキラ光る、まるで宝石のような夏みかんゼリー♪親子で作っても楽しめるはずですよ!ぜひ、お試しください。 【材料】3個分 夏みかん 3個 粉ゼラチン 10g(水100mlでふやかしておく) 砂糖 50g 水 100ml レモン汁 小さじ1 ミント 適量 【作り方】 ①沸騰したお湯に5分漬け、皮と白い繊維を取り除く 粗熱が取れたら3時間以上冷凍する ②水でふやかしておいた粉ゼラチンを600wのレンジで1分加熱する ③取り出したら砂糖を加えてよく溶かし、溶けたら水とレモン汁を加える ④③のゼリー液に凍ったみかんを入れて転がし、みかんの全体にゼリーをつける ⑤ゼリー液から取り出し、ミントを飾る 【ポイント】 ・沸騰したお湯にみかんを漬けることで、皮を剥くと白い繊維が綺麗に剥きやすくなります また、お湯に漬けることでみかんの甘みが増します ・ゼリー液は何度も冷凍みかんをつけると冷えて固まってきますが、再び鍋で温めると液体に戻ります もし固まってしまったら再び液状にしましょう
・冷凍みかんにきれいにゼリーをまとわせるには、ゼリー液を多めにつくる必要があります(材料通り) ですが、冷凍みかんにつかなかったゼリー液が多少余るので、缶詰のフルーツを加えるなどして、残さず上手く活用してください ■参考情報/Yahoo!ショッピング 《1袋買っておくと便利!粉状のゼラチン お菓子作りに幅広く活用できる》 https://shopping.yahoo.co.jp/products/z4gtb3npd7?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products 《冷やして美味しい!産地直送 高糖度のあま〜いみかん》 https://store.shopping.yahoo.co.jp/mikan-mikan/ymikan001.html?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_title 《スイーツの盛り付けにおすすめ!トルコ製の清涼感のある夏らしいガラスの器》 https://store.shopping.yahoo.co.jp/style-rococo/ha-104.html?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_img ビジュアルフードクリエイター協会会長 白井ありさ

再生時間
00:00:59
配信期間
未定
タイトル情報
白井ありさ
フジテレビ「笑っていいとも!3Dキャラごはんコンテスト」2回優勝後、雑誌・TVにて多数出演。料理教室の講師を務めつつ企業のレシピ開発、販売促進に携わる。2014年、obentoの世界大会で準優勝する。上智大学卒業後、大手食品メーカーの開発営業を経て独立。現在はビジュアルフードクリエイター協会の会長を務めつつ、デパ地下のお弁当惣菜のプロデュース、企業のレシピ開発を中心に活動。アジア圏でもメディアの出演・現地でのワークショップを開催。見た目にインパクトのある料理をきっかけに食べることの楽しさ・作ることの大切さを伝える食育を推進している。