白井ありさ 冷製!ガスパチョ風トマト素麺【トマトジュースで簡単】夏バテ対策!そうめんアレンジ
再生

ブラウザーで視聴する

白井ありさ 冷製!ガスパチョ風トマト素麺【トマトジュースで簡単】夏バテ対策!そうめんアレンジ

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

白井ありさ 冷製!ガスパチョ風トマト素麺【トマトジュースで簡単】夏バテ対策!そうめんアレンジ

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
白井ありさ 冷製!ガスパチョ風トマト素麺【トマトジュースで簡単】夏バテ対策!そうめんアレンジ

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
白井ありさ 冷製!ガスパチョ風トマト素麺【トマトジュースで簡単】夏バテ対策!そうめんアレンジ

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
白井ありさ 冷製!ガスパチョ風トマト素麺【トマトジュースで簡単】夏バテ対策!そうめんアレンジ

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

白井ありさ 冷製!ガスパチョ風トマト素麺【トマトジュースで簡単】夏バテ対策!そうめんアレンジ

白井ありさ 冷製!ガスパチョ風トマト素麺【トマトジュースで簡単】夏バテ対策!そうめんアレンジ

夏の期間食卓を助けてくれるそうめん。食べ飽きることなく、アレンジして美味しくいただきたいですよね。そうめんはささっと作れて美味しいけれど、栄養バランスが偏りがちなので、野菜も一緒に食べると◎ そこで、そうめんを「ガスパチョ」風に仕上げました。ガスパチョとはトマトを使った冷製スープで、スペイン料理の1つです。冷んやり美味しいガスパチョですが、トマトや他の野菜をミキサーにかけるなど、一手間かかるのが難点…。 なので、今回はトマトジュースを活用して簡単に作ります。簡単に作ったガスパチョの中に素麺をのせ、夏野菜と生ハムをトッピング♪そうめん×トマトで、見た目からも夏らしさを感じさせる一品です。 冷んやり美味しく、するすると食べられます♪食欲がない時にもおススメ。茹でたけれど食べ切れず、余ったそうめんを使ってもOK。食欲が落ち込みがちなこの時期、しっかり食べて夏バテ対策しましょう! 時間:10分 難易度:★☆☆ 【材料】1人前 茹でたそうめん 270g(乾麺で100g分) きゅうり 1/2本 生ハム 2枚 黄パプリカ 20g (a)トマトジュース 200ml(冷やしておく) (a)レモン汁 小さじ1/2 (a)めんつゆ(2倍希釈) 小さじ1 (a)にんにくチューブ 3cm (a)お好みで タバスコ 3滴 黒こしょう 適量 オリーブオイル 適量 【下ごしらえ】 ・素麺を規定時間茹でておく ・黄パプリカは小角に切っておく 【作り方】 ①きゅうりをピーラーでスライスする ②(a)を合わせる ③器に②を流し入れ、茹でた素麺をのせる ④さらにスライスしたきゅうり、生ハム、黄パプリカ、黒こしょう、オリーブオイルをトッピングする 【ポイント】 ・トマトジュースはキンキンに冷やしておきましょう。今回使用したトマトジュースは砂糖・食塩無添加のものです  ※使用するトマトジュースによって多少味わいが変わってくるので、味見して加える調味料を微調整しましょう。 ・動画の中には映していませんが、お好みでタバスコを加えても◯ ■参考情報/Yahoo!ショッピング 《砂糖・食塩無添加トマトジュース!今回使用したトマトジュースです》 https://shopping.yahoo.co.jp/products/a7297342f2?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products 《私も愛用している三徳包丁!切れ味抜群 スーパーストーンバリア包丁》 https://shopping.yahoo.co.jp/products/z4gdmism3j?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products 《家庭用 揖保の糸 やっぱり美味しい!》 https://shopping.yahoo.co.jp/products/z4gqrdo00d?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products レシピ考案:白井ありさ Instagramでもレシピ更新中! ぜひフォローしてね(^○^) https://www.instagram.com/arigohan/

再生時間
00:00:48
配信期間
未定
タイトル情報
白井ありさ
フジテレビ「笑っていいとも!3Dキャラごはんコンテスト」2回優勝後、雑誌・TVにて多数出演。料理教室の講師を務めつつ企業のレシピ開発、販売促進に携わる。2014年、obentoの世界大会で準優勝する。上智大学卒業後、大手食品メーカーの開発営業を経て独立。現在はビジュアルフードクリエイター協会の会長を務めつつ、デパ地下のお弁当惣菜のプロデュース、企業のレシピ開発を中心に活動。アジア圏でもメディアの出演・現地でのワークショップを開催。見た目にインパクトのある料理をきっかけに食べることの楽しさ・作ることの大切さを伝える食育を推進している。