白井ありさ フライパンで簡単!【父の日メニュー】ローストビーフ丼〜今年は手作り料理で感謝を伝える
再生

ブラウザーで視聴する

白井ありさ フライパンで簡単!【父の日メニュー】ローストビーフ丼〜今年は手作り料理で感謝を伝える

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

白井ありさ フライパンで簡単!【父の日メニュー】ローストビーフ丼〜今年は手作り料理で感謝を伝える

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
白井ありさ フライパンで簡単!【父の日メニュー】ローストビーフ丼〜今年は手作り料理で感謝を伝える

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
白井ありさ フライパンで簡単!【父の日メニュー】ローストビーフ丼〜今年は手作り料理で感謝を伝える

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
白井ありさ フライパンで簡単!【父の日メニュー】ローストビーフ丼〜今年は手作り料理で感謝を伝える

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

白井ありさ フライパンで簡単!【父の日メニュー】ローストビーフ丼〜今年は手作り料理で感謝を伝える

白井ありさ フライパンで簡単!【父の日メニュー】ローストビーフ丼〜今年は手作り料理で感謝を伝える

6月第3日曜日は父の日♪2021年は6月20日が父の日にあたります。贈り物などの準備はもうお済みですか? まだ父の日の準備をしていないという方、今年は手料理で感謝の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。 そこで、今回ご紹介するのは父の日にぴったりな「ローストビーフ丼」。特別な日には少し豪華なメニューを作りたいですよね…でもそんなに手間をかけたくない!という方にもってこいのレシピ。まるでプロが作った高級感ある見た目に反し、フライパン1つで簡単にローストビーフからソースまで作れちゃいます。ローストビーフ作りで失敗しがちな「加熱しすぎ」や「加熱不足」が無いよう、しっかりポイントをおさえましょう(下記のポイントも参照)。父の日にサプライズで作って、お父さんを驚かせちゃいましょう!手作りは格別な味♪想いがしっかり伝わります。 作業時間:30分(放置する時間含まない) 難易度:★★☆ 【材料】2人前 ■お肉  牛もも塊肉 400g  (a)塩 小さじ1  (a)黒こしょう 適量  (a)にんにくチューブ 小さじ1  オリーブオイル 適量 ■ソース  (b)赤ワイン 200ml  (b)醤油 大さじ2  (b)はちみつ 大さじ2  (b)にんにくチューブ 小さじ1 ■盛り付け 半熟卵 2個 カイワレ 適量 ごはん 400g 【作り方】 ①牛肉に(a)をもみ込んでそのまま室温に30分ほど置いておく ②フライパンにオリーブオイルを加えて強火に熱し、牛肉の全面に焼き色をつける ③弱火にして蓋をし、3分蒸し焼きにする  裏返し、同様に3分加熱する ④取り出してアルミホイルで包み、30分室温で置く(予熱で火を通す) ⑤フライパンに(b)とアルミホイルに残った肉汁を入れ、中火で煮詰めてソースを作る ⑥器にごはん・カイワレ・半熟卵・ソースを盛り付ける 【ポイント】 ・牛もも肉は室温に戻してから火を入れる。そうすることで、肉に均等に火が入る。 ・ソースは1/3量になりとろっとするまで煮詰めましょう ・半熟卵は温泉卵や、卵黄だけでもOK レシピ考案:白井ありさ ★Instagramでもレシピ更新中! https://www.instagram.com/arigohan ■参考情報/Yahoo!ショッピング 《ティファール20cmフライパン 動画の中でも使用しています》 https://shopping.yahoo.co.jp/products/z2s6qijcuv?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products 《サーモス ナイロントング フライパンが傷つきづらい》 https://shopping.yahoo.co.jp/products/cf2c1692fa?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products 《私も愛用している三徳包丁!切れ味抜群 スーパーストーンバリア包丁》 https://shopping.yahoo.co.jp/products/z4gdmism3j?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products

再生時間
00:01:29
配信期間
未定
タイトル情報
白井ありさ
フジテレビ「笑っていいとも!3Dキャラごはんコンテスト」2回優勝後、雑誌・TVにて多数出演。料理教室の講師を務めつつ企業のレシピ開発、販売促進に携わる。2014年、obentoの世界大会で準優勝する。上智大学卒業後、大手食品メーカーの開発営業を経て独立。現在はビジュアルフードクリエイター協会の会長を務めつつ、デパ地下のお弁当惣菜のプロデュース、企業のレシピ開発を中心に活動。アジア圏でもメディアの出演・現地でのワークショップを開催。見た目にインパクトのある料理をきっかけに食べることの楽しさ・作ることの大切さを伝える食育を推進している。