白井ありさ ハロウィンレシピ【混ぜて冷やして簡単】濃厚!オバケのかぼちゃプリン
再生

ブラウザーで視聴する

白井ありさ ハロウィンレシピ【混ぜて冷やして簡単】濃厚!オバケのかぼちゃプリン

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

白井ありさ ハロウィンレシピ【混ぜて冷やして簡単】濃厚!オバケのかぼちゃプリン

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
白井ありさ ハロウィンレシピ【混ぜて冷やして簡単】濃厚!オバケのかぼちゃプリン

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
白井ありさ ハロウィンレシピ【混ぜて冷やして簡単】濃厚!オバケのかぼちゃプリン

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
白井ありさ ハロウィンレシピ【混ぜて冷やして簡単】濃厚!オバケのかぼちゃプリン

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

白井ありさ ハロウィンレシピ【混ぜて冷やして簡単】濃厚!オバケのかぼちゃプリン

白井ありさ ハロウィンレシピ【混ぜて冷やして簡単】濃厚!オバケのかぼちゃプリン

10月31日はハロウィンです♪ハロウィンの準備はできていますか? 仮装に、ハロウィンの装飾、ハロウィンフードなど…ハロウィンを満喫するアイテムはたくさん! 毎年渋谷ではハロウィンが名物になっていますが、今年はステイホームハロウィンを楽しみましょう。 ハロウィンパーティーを盛り上げる一つに、ハロウィンスイーツが欠かせません。今回は、秋の食材かぼちゃを使い、濃厚で口当たり滑らかな「オバケのかぼちゃプリン」をご紹介します。かぼちゃはレンジで加熱し、材料と混ぜて冷やしてプリンを作ります。見た目以上に難しくないので、ぜひ挑戦してみてくださいね。市販のマシュマロにチョコペンでオバケの顔を描きトッピングしたら、一気に可愛らしい見た目に仕上がります♪ 【材料】3-4個分 かぼちゃ皮付き 180g(賞味約180g) 塩 ひとつまみ 砂糖 25g (a)牛乳 100ml (a)生クリーム 200ml (a)バニラエッセンス 適量 水 大1.5 ゼラチン 5g ホイップ済み生クリーム 適量 ミント 適量 チョコマシュマロ 適量 チョコペン 適量 【作り方】 ①粉ゼラチンに水を加えてふやかしておく ②かぼちゃを一口大に切り、水にくぐらせたらラップで包み、600wのレンジで2分20秒加熱する ③加熱できたら皮を取り除き、フォークや麺棒でよく潰す 塩と砂糖を加えてよく混ぜる ④さらに(a)を加えて混ぜ、ざるで濾す ⑤①を600wのレンジで10秒加熱し、④に加えて混ぜる ⑥器に別け、冷蔵庫で2時間以上冷やし固める ⑦マシュマロをおばけの形にデコレーションする ⑧固まったら、ホイップ済み生クリーム・おばけのマシュマロ・チャービルをトッピングする 【ポイント】 ・かぼちゃをレンジで加熱する時に、水を加えることでかぼちゃが蒸されてパサつきにくくなります ・かぼちゃは濃いオレンジ色のものを選びましょう ・かぼちゃの種は大きいものが美味しいかぼちゃの証拠です ■参考情報/Yahoo!ショピング 【日常で大活躍!安くて便利なオーブンレンジ スチーム機能付き】 https://shopping.yahoo.co.jp/product/j/4967576388689/compare.html?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products 【デザート用グラス プリンやアイスクリームに♪】 https://shopping.yahoo.co.jp/product/j/4580555100555/compare.html?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products 【生クリームの泡だてが楽々!ハンドミキサー】 https://shopping.yahoo.co.jp/product/j/4975302827050/compare.html?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products ビジュアルフードクリエイター協会 会長 白井ありさ

再生時間
00:02:03
配信期間
未定
タイトル情報
白井ありさ
フジテレビ「笑っていいとも!3Dキャラごはんコンテスト」2回優勝後、雑誌・TVにて多数出演。料理教室の講師を務めつつ企業のレシピ開発、販売促進に携わる。2014年、obentoの世界大会で準優勝する。上智大学卒業後、大手食品メーカーの開発営業を経て独立。現在はビジュアルフードクリエイター協会の会長を務めつつ、デパ地下のお弁当惣菜のプロデュース、企業のレシピ開発を中心に活動。アジア圏でもメディアの出演・現地でのワークショップを開催。見た目にインパクトのある料理をきっかけに食べることの楽しさ・作ることの大切さを伝える食育を推進している。