白井ありさ ハロウィンレシピ【ホットケーキミックスで簡単】かぼちゃのパウンドケーキ
再生

ブラウザーで視聴する

白井ありさ ハロウィンレシピ【ホットケーキミックスで簡単】かぼちゃのパウンドケーキ

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

白井ありさ ハロウィンレシピ【ホットケーキミックスで簡単】かぼちゃのパウンドケーキ

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
白井ありさ ハロウィンレシピ【ホットケーキミックスで簡単】かぼちゃのパウンドケーキ

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
白井ありさ ハロウィンレシピ【ホットケーキミックスで簡単】かぼちゃのパウンドケーキ

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
白井ありさ ハロウィンレシピ【ホットケーキミックスで簡単】かぼちゃのパウンドケーキ

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

白井ありさ ハロウィンレシピ【ホットケーキミックスで簡単】かぼちゃのパウンドケーキ

白井ありさ ハロウィンレシピ【ホットケーキミックスで簡単】かぼちゃのパウンドケーキ

10月31日はハロウィン♪イベントってワクワクしますよね。例年通りのハロウィンにはなりませんが、少しでもハロウィンの気分を味わい、お家でハロウィンパーティーを楽しんでみませんか? ハロウィンといえばかぼちゃ。今回は、食べるのがもったいないくらい可愛い、かぼちゃを使ったハロウィンレシピをご紹介♪ ホットケーキミックスで簡単に作れる「かぼちゃのパウンドケーキ」。生地には秋の味覚 かぼちゃを使い、しっとり濃厚なパウンドケーキに仕上げました。スライスした断面にチョコペンやかぼちゃの種でジャックオランタンの顔を描いたら、遊び心満載なスイーツの完成です。誰かに渡したくなるような、可愛いパウンドケーキ♪バターが香り、まさかホットケーキミックスで作ったとは味わいですよ。 かぼちゃを使ったスイーツのレシピはたくさんありますが、その中でもぜひおすすめしたい一品です。この機会にぜひお試しください! 【材料】長さ17.5×幅7cm×高さ6cmの型1本分 かぼちゃ 250g 有塩バター 80g 卵 2個 砂糖 50g 塩 1つまみ ホットケーキミックス 100g バニラエッセンス 適量 チョコペン 1本 かぼちゃの種 適量 【作り方】 ①かぼちゃを1口大に切り、水にくぐらせたらラップに包んで600wのレンジでで3分加熱する ②皮を向いたらフォークなどでよく潰す ③バターをレンジで30秒加熱し、②に加える  更に砂糖・塩を加えたらよく混ぜる ④そこに卵・バニラエッセンスを加えて再度混ぜ、ホットケーキミックスを加えたら切り混ぜする ⑤クッキングシートをひいた型に流し入れ、トントンと型ごと落として気泡を抜いたら、170度に熱したオーブンで10分焼く ⑥中心に縦に1本切り込みを入れ、更に30分焼く ⑦焼けたら粗熱を取り、型から取り出して輪切りにし、断面にチョコペンとかぼちゃの種でランタンの顔をデコレーションする 【ポイント】かぼちゃの選び方&保存方法 ・かぼちゃは断面が濃いオレンジ色で、皮が濃い緑色のものを選びましょう。 ・かぼちゃを買ったら、すぐにワタと種を取り除きましょう。そうすることで長期保存が可能です。 ■参考情報/Yahoo!ショッピング 【お菓子作りに1個もっておくと便利!基本のパウンド型】 https://shopping.yahoo.co.jp/products/z4ekv38iel?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products 【日常で大活躍!安くて便利なオーブンレンジ スチーム機能付き】 https://shopping.yahoo.co.jp/product/j/4967576388689/compare.html?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products 【業務用ホットケーキミックス 大容量で様々なメニューに使える】 https://shopping.yahoo.co.jp/products/z4elg293h7?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products ビジュアルフードクリエイター協会会長 白井ありさ

再生時間
00:02:05
配信期間
未定
タイトル情報
白井ありさ
フジテレビ「笑っていいとも!3Dキャラごはんコンテスト」2回優勝後、雑誌・TVにて多数出演。料理教室の講師を務めつつ企業のレシピ開発、販売促進に携わる。2014年、obentoの世界大会で準優勝する。上智大学卒業後、大手食品メーカーの開発営業を経て独立。現在はビジュアルフードクリエイター協会の会長を務めつつ、デパ地下のお弁当惣菜のプロデュース、企業のレシピ開発を中心に活動。アジア圏でもメディアの出演・現地でのワークショップを開催。見た目にインパクトのある料理をきっかけに食べることの楽しさ・作ることの大切さを伝える食育を推進している。