白井ありさ ハロウィン【かぼちゃレシピ】サクサク!ジャックオランタンのミートパイ
再生

ブラウザーで視聴する

白井ありさ ハロウィン【かぼちゃレシピ】サクサク!ジャックオランタンのミートパイ

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

白井ありさ ハロウィン【かぼちゃレシピ】サクサク!ジャックオランタンのミートパイ

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
白井ありさ ハロウィン【かぼちゃレシピ】サクサク!ジャックオランタンのミートパイ

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
白井ありさ ハロウィン【かぼちゃレシピ】サクサク!ジャックオランタンのミートパイ

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
白井ありさ ハロウィン【かぼちゃレシピ】サクサク!ジャックオランタンのミートパイ

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

白井ありさ ハロウィン【かぼちゃレシピ】サクサク!ジャックオランタンのミートパイ

白井ありさ ハロウィン【かぼちゃレシピ】サクサク!ジャックオランタンのミートパイ

いよいよハロウィン当日が近づいてきました。今回は、ハロウィンパーティーのメイン料理にぴったりなかぼちゃを使った「ジャックオランタンのミートパイ」のレシピをご紹介します。 中の具材にはお肉とかぼちゃをたっぷり詰めます。サクサクのパイに、熱々のお肉は絶品です!カレー風味で食欲をそそる一品。寒くなってきたこの時期に、温かい料理は嬉しいですよね。パイをランタンの形にアレンジし、見た目も可愛く食べるのがもったいない一品です。その見た目の可愛さと、美味しさでみんなの心をキャッチしちゃいましょう。 今年は外でハロウィンを楽しむことが難しいので、ぜひお家でハロウィンパーティーを楽しんでくださいね。今回のレシピだけでなく、ハロウィンスイーツのレシピも掲載してあるので、参考にしていただけると嬉しいです。楽しいハロウィンをお過ごしください。 【材料】4人前 オリーブオイル 大さじ1 たまねぎ 1/2個 かぼちゃ 100g 牛豚合挽き肉 250g 塩こしょう 適量 (a)コンソメ 小さじ2 (a)カレー粉 小さじ2 (a)ケチャップ 大さじ2 (a)ソース 大さじ1 冷凍パイシート 2枚 卵黄 1個 【作り方】 ①弱火に熱したフライパンにオリーブオイルをひき、微塵切り玉ねぎを2分程炒める ②そこにかぼちゃを加えて更に2分程炒め、合挽肉を加えて中火にして炒める ③お肉の赤い色がなくなったら塩こしょうで下味をつける ④ (a)を加えて混ぜ、水気が少し飛ぶまで炒める ⑤粗熱をとる(この時冷凍パイシートを冷蔵庫からだしておく) ⑥冷凍パイシート2枚を伸ばし、それぞれ楕円型に切る  そのうちの1枚はランタンの顔の形に切り込みを入れる ⑦楕円型に切ったパイシート1枚に⑤を乗せ、ランタンの顔の形に切ったパイシートを重ね、パイが重なった部分をフォークで押さえる ⑧卵黄を塗り200度に熱したオーブンでで20分焼く 【ポイント】 ・冷凍パイシートは使う15分位前に冷蔵庫からだしておく ・具材にお豆を入れても美味しく仕上がります ・10分焼いた時点でパイを反転させると、焼きムラ無く綺麗に焼けます ■参考情報/Yahoo!ショッピング 《私も愛用しているT-falのフライパンセット》 https://shopping.yahoo.co.jp/products/z2s6qihf2q?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products 《冷凍パイシート サクサクに仕上がる♪》 https://shopping.yahoo.co.jp/products/z43ond7oi3?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products 《日常で大活躍!安くて便利なオーブンレンジ スチーム機能付き》 https://shopping.yahoo.co.jp/product/j/4967576388689/compare.html?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products ビジュアルフードクリエイター協会会長 白井ありさ

再生時間
00:02:29
配信期間
未定
タイトル情報
白井ありさ
フジテレビ「笑っていいとも!3Dキャラごはんコンテスト」2回優勝後、雑誌・TVにて多数出演。料理教室の講師を務めつつ企業のレシピ開発、販売促進に携わる。2014年、obentoの世界大会で準優勝する。上智大学卒業後、大手食品メーカーの開発営業を経て独立。現在はビジュアルフードクリエイター協会の会長を務めつつ、デパ地下のお弁当惣菜のプロデュース、企業のレシピ開発を中心に活動。アジア圏でもメディアの出演・現地でのワークショップを開催。見た目にインパクトのある料理をきっかけに食べることの楽しさ・作ることの大切さを伝える食育を推進している。