白井ありさ コロコロしてて可愛い♪エビフライ【夕飯おかず&お弁当にも】まんまる!太っちょエビフライ
再生

ブラウザーで視聴する

白井ありさ コロコロしてて可愛い♪エビフライ【夕飯おかず&お弁当にも】まんまる!太っちょエビフライ

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

白井ありさ コロコロしてて可愛い♪エビフライ【夕飯おかず&お弁当にも】まんまる!太っちょエビフライ

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
白井ありさ コロコロしてて可愛い♪エビフライ【夕飯おかず&お弁当にも】まんまる!太っちょエビフライ

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
白井ありさ コロコロしてて可愛い♪エビフライ【夕飯おかず&お弁当にも】まんまる!太っちょエビフライ

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
白井ありさ コロコロしてて可愛い♪エビフライ【夕飯おかず&お弁当にも】まんまる!太っちょエビフライ

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

白井ありさ コロコロしてて可愛い♪エビフライ【夕飯おかず&お弁当にも】まんまる!太っちょエビフライ

白井ありさ コロコロしてて可愛い♪エビフライ【夕飯おかず&お弁当にも】まんまる!太っちょエビフライ

老若男女、幅広い世代に愛される「エビフライ」。こどもの「好きな食べ物ランキング」にもエビフライがよくランクインしているようです。大ぶりでプリプリなエビフライって美味しいですよね。しかし、エビフライ用の大きなエビはお値段も貼り、お家ではなかなか食べる機会が少ないのが現実…。 そこで、今回はお財布にも優しい小ぶりのエビとはんぺんを使い、まんまるで可愛いエビフライのレシピをご紹介します!コロコロとした見た目がなんともキュート♪中はふわふわ、外はサクサクの食感です。 調理工程はシンプル且つ、使用する調味料の種類を少なくすることで、作りやすさを重視しました。夕飯のおかずや、お弁当のおかずとしてもおすすめです。マンネリしがちなお弁当に、まんまるエビフライが入っていたら喜ばれるかもしれません…! お好みでソースやタルタルソースをかけてお召し上がりください♪ 揚げたては特別な味がします! 【材料】2人前 海老 12尾 (a)はんぺん 1枚 (a)塩こしょう 適量 (a)酒 小さじ1 (a)片栗粉 大さじ1 薄力粉 適量 卵液 適量 パン粉 適量 【下ごしらえ】 ・海老の殻は剥き、背ワタは竹串で取り除く。片栗粉大さじ2・水大さじ2・塩小さじ1/2を入れたボウルに海老を加えてよく揉む。 流水で洗い流し、水気を拭き取っておく。(海老の汚れと臭みを取る) 【作り方】 ①海老12尾のうち6尾の尻尾を取り除き、身を刻んだら袋に入れる ②①の袋に(a)を加え、はんぺんを潰すように袋の上からよく揉む ③②を6等分にして海老6尾に肉付けをする ④薄力粉→卵液→パン粉の順で衣をつけ、170度の油で5分程揚げる 【ポイント】 ・海老はエビフライ用の大きな海老ではなく、少し小さめのもの(今回はバナメイエビ)を使いましょう。  冷凍エビを解凍してかた使ってもOK。 ・揚げている時揚げムラが無いように、たまに転がして全体が均一にきつね色になるようにしましょう。 ・お弁当に入れる時はしっかり粗熱を取ってから入れてください。 ■参考情報/Yahoo!ショッピング 《木製丸型 曲げわっぱ弁当箱 これに詰めると一気におしゃれ度アップ》 https://shopping.yahoo.co.jp/products/z45ihutuni?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products 《卓上フライヤー 自宅での揚げ物に便利!卓上で串カツも出来る》 https://shopping.yahoo.co.jp/products/1b4acca22d?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products 《お得!ティファールの鍋&フライパンセット 動画内でもセットの鍋を使用しています》 https://shopping.yahoo.co.jp/products/z2s6qihf2q?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products レシピ考案:白井ありさ ★Instagramでもレシピ更新中! https://www.instagram.com/arigohan

再生時間
00:01:00
配信期間
未定
タイトル情報
白井ありさ
フジテレビ「笑っていいとも!3Dキャラごはんコンテスト」2回優勝後、雑誌・TVにて多数出演。料理教室の講師を務めつつ企業のレシピ開発、販売促進に携わる。2014年、obentoの世界大会で準優勝する。上智大学卒業後、大手食品メーカーの開発営業を経て独立。現在はビジュアルフードクリエイター協会の会長を務めつつ、デパ地下のお弁当惣菜のプロデュース、企業のレシピ開発を中心に活動。アジア圏でもメディアの出演・現地でのワークショップを開催。見た目にインパクトのある料理をきっかけに食べることの楽しさ・作ることの大切さを伝える食育を推進している。