白井ありさ すぐ出来る!トースターで簡単!【アボカドレシピ】アボカドエッググラタン
再生

ブラウザーで視聴する

白井ありさ すぐ出来る!トースターで簡単!【アボカドレシピ】アボカドエッググラタン

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

白井ありさ すぐ出来る!トースターで簡単!【アボカドレシピ】アボカドエッググラタン

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
白井ありさ すぐ出来る!トースターで簡単!【アボカドレシピ】アボカドエッググラタン

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
白井ありさ すぐ出来る!トースターで簡単!【アボカドレシピ】アボカドエッググラタン

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
白井ありさ すぐ出来る!トースターで簡単!【アボカドレシピ】アボカドエッググラタン

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

白井ありさ すぐ出来る!トースターで簡単!【アボカドレシピ】アボカドエッググラタン

白井ありさ すぐ出来る!トースターで簡単!【アボカドレシピ】アボカドエッググラタン

暑い日が続いてますね。スーパーや八百屋に初夏の食材が並びはじめました。あまり知られていませんが、初夏に旬を迎える食材に「アボカド」があります。4月から6月頃のアボカドは油分が多く味が良い、とされており、春から初夏のアボカドは濃厚でクリーミーな味わいです。1年中入手できる食材でも、旬を意識することで季節を感じつつ、通年の中で最も美味しい時期に味わうことができます。アボカドは生のまま食べても美味しい食材ですが、今回は少しアレンジを加えて、見栄えのする「アボカドエッググラタン」に仕上げます。お子様が大好きな卵サラダ・ベーコン・チーズが乗った一品。大人は最後にタバスコをかけてメキシカン風に仕上げたり、アレンジは無限大。お好みの一品にしてみてください! まるで手間をかけた料理に見えますが、使用材料も少なく工程も簡単です!お家時間に親子で作ってみるのもいいかもしれません♪また、美味しい食べ頃のアボカドの見分け方を下の【ポイント】欄に載せました。そちらも参考に、ぜひお試しください。 【材料】2人前 ゆで卵 2個 (a)マヨネーズ 大さじ2 (a)砂糖 小さじ1 (a)黒胡椒 少々 アボカド 1個 ピザ用チーズ 20g ブロックベーコン 40g(拍子切りにしておく) プチトマト 2個(半分に切っておく) パセリ 適量 【作り方】 ①ゆで卵をフォークで潰し、(a)を混ぜて卵サラダを作る ②アボカドを用意し、包丁をアボカドの種に沿わせるようにして縦に一周切り込みを入れる  アボカドを両手で持ち、互い違いに軽く実をねじりながら2つに分けたら、包丁のあごで種を刺して取り除く  アボカドの座りを良くするために皮目を少し削るようにして切る ③アボカドの断面に①の卵サラダとベーコンを盛り付ける ④プチトマトとチーズをのせたらトースターで3分ほど焼く(チーズが溶けるまで) ⑤お好みでパセリをトッピングする 【ポイント】 ・美味しいアボカドの見分け方  色と形に注目しましょう。皮がチョコレート色で、形は涙型でへたの部分がぷっくりととび出ているものを選びましょう。 ・茹で卵は固茹でをおすすめします。(水から茹でて、沸騰してから8分以上加熱) ■参考情報/Yahoo!ショッピング 《食パンや料理を一段と美味しく仕上げる!おしゃれで万能なオーブントースター》 https://shopping.yahoo.co.jp/products/6fb3b73f2e?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products 《美味しい プレミアムリッチアボカド!ワカモレ・サラダやスムージーにも!》 https://store.shopping.yahoo.co.jp/sumifru/avc18.html?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_title 《ドイツの品評会で金賞受賞!厳選した良質な豚肉から作られるブロックベーコン》 https://shopping.yahoo.co.jp/products/z44ophviq5?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products ビジュアルフードクリエイター協会会長 白井ありさ

再生時間
00:01:05
配信期間
未定
タイトル情報
白井ありさ
フジテレビ「笑っていいとも!3Dキャラごはんコンテスト」2回優勝後、雑誌・TVにて多数出演。料理教室の講師を務めつつ企業のレシピ開発、販売促進に携わる。2014年、obentoの世界大会で準優勝する。上智大学卒業後、大手食品メーカーの開発営業を経て独立。現在はビジュアルフードクリエイター協会の会長を務めつつ、デパ地下のお弁当惣菜のプロデュース、企業のレシピ開発を中心に活動。アジア圏でもメディアの出演・現地でのワークショップを開催。見た目にインパクトのある料理をきっかけに食べることの楽しさ・作ることの大切さを伝える食育を推進している。