白井ありさ 【旬のりんごレシピ】即席!りんごのコンポートをのせて♪あったかりんごのクレープ
再生

ブラウザーで視聴する

白井ありさ 【旬のりんごレシピ】即席!りんごのコンポートをのせて♪あったかりんごのクレープ

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

白井ありさ 【旬のりんごレシピ】即席!りんごのコンポートをのせて♪あったかりんごのクレープ

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
白井ありさ 【旬のりんごレシピ】即席!りんごのコンポートをのせて♪あったかりんごのクレープ

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
白井ありさ 【旬のりんごレシピ】即席!りんごのコンポートをのせて♪あったかりんごのクレープ

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
白井ありさ 【旬のりんごレシピ】即席!りんごのコンポートをのせて♪あったかりんごのクレープ

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

白井ありさ 【旬のりんごレシピ】即席!りんごのコンポートをのせて♪あったかりんごのクレープ

白井ありさ 【旬のりんごレシピ】即席!りんごのコンポートをのせて♪あったかりんごのクレープ

秋から冬にかけて旬を迎え、真っ赤で可愛らしい見た目をした「りんご」。その品種は多岐にわたり、品種によって違う味わいを楽しめます。もちろんそのまま食べても美味しいですが、ジュースにしたり、焼きりんごやアップルパイにしたり…りんごの楽しみ方は様々です♪常温で1ヶ月ほど保存が効くので、多めに買っても心配ないのも嬉しいですよね。 今回は、寒いこの時期に嬉しい、りんごを使ったあったかスイーツのレシピをご紹介します。ホットケーキミックスでクレープ生地を作り、即席で作れる「りんごのコンポート」をたっぷりかけた一品です。鍋にりんご・砂糖・バターを入れてじっくり火にかけるだけで作れる、とってもお手軽レシピ!仕上げにシナモンを振り、香りが食欲をそそります♪お好みでホイップした生クリームをかけたら、豪華な一品になりますよ。 即席で作れるりんごのコンポートは、多めに作って冷蔵保存し、ヨーグルトやトーストにかけて食べてもGood!おやつやデザート、休日の朝ごはんにいかがでしょうか。 【材料】2人前 りんご 1/2個 バター 30g 砂糖 大さじ3 シナモンパウダー 適量 (a)ホットケーキミックス 100g (a)卵 1個 (a)牛乳 200ml (お好みで)ホイップした生クリーム 適量 (お好みで)チャービル 適量 【作り方】 ■りんごのコンポートを作る ①りんごの種と芯を取り除き、5mm厚のいちょう切りにしたら鍋に入れ、バターと砂糖を加えて極弱火にかける ②たまにかき混ぜ、りんごがしんなりしたら火を止めてシナモンパウダーを加える ■クレープを作る ③ (a)を混ぜる ④フライパンを弱火に熱し、油を塗ったら③の生地(4〜5等分にする)を加えてフライパンを動かして薄く伸ばす ⑤裏面に焼き目がついたらひっくり返し、軽く焼いたらお皿に取る ■トッピング ⑥お皿にクレープを盛り、りんごのコンポート、ホイップした生クリーム、チャービルをトッピングする 【ポイント】 ・りんごの皮にはワックスがついていることが多いので、しっかり水洗いしてから調理しましょう ・りんごのコンポートを作る際、火加減は極弱火でじっくり火入れしましょう ■参考情報/Yahoo!ショッピング 《糖度13度以上!青森県産さんふじりんご》 https://store.shopping.yahoo.co.jp/sanchokudayori/1257141520.html?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_title 《私も愛用しているティファールのフライパンセット》 https://shopping.yahoo.co.jp/products/z2s6qii0af?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products 《一式揃えておくと便利!耐熱ボウルセット》 https://shopping.yahoo.co.jp/products/z4eocrg79r?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products ビジュアルフードクリエイター協会会長

再生時間
00:01:17
配信期間
未定
タイトル情報
白井ありさ
フジテレビ「笑っていいとも!3Dキャラごはんコンテスト」2回優勝後、雑誌・TVにて多数出演。料理教室の講師を務めつつ企業のレシピ開発、販売促進に携わる。2014年、obentoの世界大会で準優勝する。上智大学卒業後、大手食品メーカーの開発営業を経て独立。現在はビジュアルフードクリエイター協会の会長を務めつつ、デパ地下のお弁当惣菜のプロデュース、企業のレシピ開発を中心に活動。アジア圏でもメディアの出演・現地でのワークショップを開催。見た目にインパクトのある料理をきっかけに食べることの楽しさ・作ることの大切さを伝える食育を推進している。