白バイ究極のライテク〈ナローコース:狭路〉
再生

ブラウザーで視聴する

白バイ究極のライテク〈ナローコース:狭路〉

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

白バイ究極のライテク〈ナローコース:狭路〉

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
白バイ究極のライテク〈ナローコース:狭路〉

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
白バイ究極のライテク〈ナローコース:狭路〉

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
白バイ究極のライテク〈ナローコース:狭路〉

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

白バイ究極のライテク〈ナローコース:狭路〉

白バイ究極のライテク〈ナローコース:狭路〉

白バイ隊員はどんな道路環境においてもバランスを保って安全に走破する技術が求められる 渋滞路や細い道、路肩が崩れたような災害現場なども必要があれば乗り入れていく。そのための技術が"低速バランス"である 白バイ大会では"ナローコース"と呼ばれる種目で、狭路と一本橋がある。狭路は車幅ギリギリに設定されたポールの間をすり抜けていく種目 一本橋はクランク状の一本橋のところどころに段差が設けられたコースを脱輪せずにクリアする種目だ 競技には標準タイムが設けられていて時間のプレッシャーとも戦わなくてはならない 低速バランスのフォームはスタンディング中心になる ほとんど停止するような速度でバランスを保つためにはスタンディングテクは必須 立ち上がることでステップに全体重が乗り、結果的に人車一体での重心位置が下げられるためバイクの挙動が安定するのだ バランスの取り方としては大きく分けて2つの方法がある ひとつはステップ荷重によるもの、もうひとつはハンドル操作によるものだ コース幅が30センチほどの一本橋では主にステップワークでコントロールし より低速かつ曲がりのきつい狭路では ハンドルを左右に切ることでバランス補正するイメージだ スロットルはアイドリング+αの回転数で一定に保ちつつ、半クラとリアブレーキで速度を調整 バランスを大きく崩す前に立て直すのがポイントだ 白バイは大型バンパーが付いているため特に狭路は慎重な運転が必要になる 車体は常に垂直に立てておくことが大事 ハンドルを切ってバランスを補正する ハンドル操作とともに左右のステップの踏み加減でバランスを取りながら進む スロットルは一定のままリアブレーキと半クラで速度を調整 ハンドルの切りしろは残しておく

再生時間
00:03:14
配信期間
未定
タイトル情報
ヤングマシン
1972年に創刊された日本の老舗モーターサイクルマガジン『ヤングマシン』。常にその時代の熱いバイク達を追い続け、最新モデル&アイテムの実証テストに定評がある。また、代名詞となる新車スクープはRG400/500Γ時代(1984年3月号掲載)から30年以上続いている名物企画で、業界内の生情報を独自追跡したものが主となっている。メイン読者層は50代とそのジュニア世代となる20代。ブランドタイトルの“ヤング”という単語はさすがに時代錯誤とはなったが、信条はバイク乗りの多くが持ち合わせている“ヤング・アット・ハート”だ。