燃えにくいテントを使えば幕内で焚火キャンプをすることができました【DOD レンコンテント】
再生

ブラウザーで視聴する

燃えにくいテントを使えば幕内で焚火キャンプをすることができました【DOD レンコンテント】

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

燃えにくいテントを使えば幕内で焚火キャンプをすることができました【DOD レンコンテント】

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
燃えにくいテントを使えば幕内で焚火キャンプをすることができました【DOD レンコンテント】

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
燃えにくいテントを使えば幕内で焚火キャンプをすることができました【DOD レンコンテント】

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
燃えにくいテントを使えば幕内で焚火キャンプをすることができました【DOD レンコンテント】

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

燃えにくいテントを使えば幕内で焚火キャンプをすることができました【DOD レンコンテント】

燃えにくいテントを使えば幕内で焚火キャンプをすることができました【DOD レンコンテント】

みなさんこんにちはモロケンです! YouTubeにてキャンプやアウトドアの動画を投稿しています。 今回動画で紹介したテントはキャンプメーカーDODさんから発売されているレンコンテントというテントです。 ポリコットンという燃えにくい素材でできており、また天窓が8か所もあるのでテント内で焚火を楽しむことができる新しいキャンプスタイルを提供してくれるテントです。天窓は8か所もあるのでテントの中で焚火キャンプをしていても煙がテント内に溜まる事はありません。また、焚火の熱がテント内で反射し真冬でも暖かくキャンプを楽しむことができます。 今までのテントはポリエステルでできているのでキャンプ中の焚火などの火の粉が当たると一瞬で穴が空いてしまいました。 したがってテントの近くや、ましてやテントの中で焚火キャンプをすることは難しいとされていましたが、ポリエステルと綿を合わせた素材であるポリコットの登場でテントの中での焚火キャンプが可能になりました! このキャンプテントの特徴はズバリ燃えにくい!という事です。素材はポリコットン(ポリエステル65%、綿35%)という天然素材で燃えにくい綿と軽くて丈夫なポリエステルを組み合わせて作られており綿100%程重くなく、化学繊維のタープよりはるかに熱に強いテントになっています。 今までは化学繊維100%のテントでは火の粉によりテントに穴をあけてしまうことがあるのでテントの近くや中で焚火キャンプをすることが不可能な状況でした。しかし綿とポリエステルを組み合わせて作られたポリコットの登場で火の粉を気にすることなくテント内焚火キャンプをすることができるようになりました! 購入はヤフーショッピングにて! → https://bit.ly/3cBeujR サイズ(約)W390×D390×H260cm 収納サイズ(約)W68×D23×H23cm 重量(付属品含む)(約)12kg 収容可能人数大人3人 ※就寝だけであれば大人5人 最低耐水圧350mm 材質ポリコットン(ポリエステル65%、綿35%)、スチール 付属品ペグ、キャリーバッグ ※ テント内で焚き火をする際には、レンコン窓を全て、ドアを3ヶ所以上全開にし、スカート生地を上げる必要があります。その他、取扱説明書に記載の注意事項を全て把握した上でご使用ください。

再生時間
00:00:37
配信期間
未定
タイトル情報
モロケン/MorokenGo
動画『公務員辞めて世界を旅してみたらこんな人生になった』でおなじみのモロケンです。「誰よりも分かりやすい」というのが売りで動画の情報量は他を凌駕するほど。Yahoo!でも変わらず頑張っています! 各種SNSのフォローもよろしくお願いします!