熊山准 発売2ヶ月後の正直レビュー!アップル iPad mini(第6世代)は買い?
再生

ブラウザーで視聴する

熊山准 発売2ヶ月後の正直レビュー!アップル iPad mini(第6世代)は買い?

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

熊山准 発売2ヶ月後の正直レビュー!アップル iPad mini(第6世代)は買い?

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
熊山准 発売2ヶ月後の正直レビュー!アップル iPad mini(第6世代)は買い?

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
熊山准 発売2ヶ月後の正直レビュー!アップル iPad mini(第6世代)は買い?

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
熊山准 発売2ヶ月後の正直レビュー!アップル iPad mini(第6世代)は買い?

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

熊山准 発売2ヶ月後の正直レビュー!アップル iPad mini(第6世代)は買い?

熊山准 発売2ヶ月後の正直レビュー!アップル iPad mini(第6世代)は買い?

結論から先に申し上げますと、新型iPad miniは…… ・初めてのiPadなら激推し! ・従来のiPad miniからの買い替えなら順当 ・iPad Proからの買い替えならやや微妙 といった印象です。その他にも「現在どんなスマホを使っているか」でも推しが変わってくるのですが、本編でも触れているように、たとえ画面がでっかいiPhone 12/13 Pro Maxを持っていても、やはり8.3インチに比べれば小さいし、Apple Pencilに対応しているわけではないし、というわけでiPad mini(第6世代)とは競合しなさそう。なので、検討項目から除外します。 あらためて、2021年9月24日に発売された「iPad mini(第6世代)」のトピックをさらっとおさらいいたしますと、まずは片手で掴めるサイズ感はそのままに、ホームボタンが廃止され8.3インチのフルディスプレイを採用し、6世代目にしてようやく(クルマでいうところの)フルモデルチェンジを果たしたのがニュース。それにともない指紋認証機能のTouch IDは本体上部の電源ボタンと一体化しました。 ほかにも第2世代のApple Pencilに対応し、本体側面に磁石でくっつけるだけで充電が可能になったり、4スピーカー化したことで横画面にしてもステレオサウンドが楽しめるようになったりしました。 あと、本編では触れていませんが、充電コネクタがiPad Pro/Airシリーズと同様にLightningからUSB-Cへと変更。汎用のUSBハブが使えるようになりました。ここは本来ならば大変おめでたいトピックなんですが、いまだiPhoneはじめ周辺機器がLightning端子を採用しているため「むしろ充電ケーブルが増えた」「充電マネジメントが煩雑になった」のがここ2ヶ月の感想です。 「iPad ProのようなiPad mini」を数年来待ち続けていたミニくまちゃんにとっては、スペックだけでも即買い優勝のはずですが、かといって不満がないわけではありません。 まず、仕事面。愛用している統合メモアプリ「Notability」とApple Pencilを組み合わせた使い勝手は、本体がコンパクトになることでより取りまわしが良くなり、お仕事であるライター業での取材がいっそう身軽になりました。気になるところがあるとすれば、Apple Pencil充電中は本体をわしっと片手でつかみにくくなる点。 かたや原稿執筆はしんどい。取材メモを開いてWordで原稿書きといったSplit View(二画面)での作業は画面が小さいため、老眼入りかけの目にはつらい。Magic KeyboardやMagic Trackpadにも対応しているので、Macと変わらぬ操作感が得られるのは最高ではありますが、しかしながら入力デバイスが整ったとしてもiPad版Officeや日本語変換にクセがあるので「やっぱりiPad(全般)は、いつまでもMacの代わりにはならないなあ」というのが10年来の感想です。 というわけで仕事面では主に取材メモ用途。緊急でちょっとした原稿の執筆や修正に使えるかな?といったところ。登山や海外旅行にMacBookを持っていきたくねー!という時も検討に値するかもしれません。 一方、コンテンツビューワーとしては優秀。とりわけ電子書籍やマンガにはぴったりのサイズ感。雑誌は本文を拡大しないと厳しいでしょう。動画視聴は、テレビやパソコンに比べると「ちっさ!」という感想しか抱かないのですが、iPhoneに比べると雲泥の差。イメージ的には飛行機の機内ディスプレイで映画を楽しんでいる感じに近いでしょうか。いずれにせよハリウッド超大作の視聴には向いていません。 期待していた4スピーカーも、意外とiPhoneクオリティで、MacBook ProやiPad Proのスピーカーで音楽を聴いていた人にとってはやや軽い音質かもしれません。 というように全体的にしょっぱめのレビューですが、これはぼくが直前までiPad Pro 9.7インチを使っていたから。これが初めてのiPadだったり、従来のiPad miniからの買い替えだったりするのであれば、十分満足できるでしょう。 とはいえ、iPad Proも買い替え時期でしたし、何より小さくて軽い取材メモ機が欲しかったので、これはこれで順当なお買い物。それにしてはセルラー版のチョイスや、Apple Pencil込みで総支払いが10万円を超えちゃったので真顔にならざるを得ないのです。うーん、いいんだけど、他に選択肢はないんだけど、ちょっと高い、そんな気持ちです。ただ、歴代iPadはほぼセルラー版を選んできたわたくし。W…

再生時間
00:00:44
配信期間
未定
タイトル情報
熊山准
リクルート編集職を経て独立、『R25』にてライターデビュー。執筆分野はガジェット、旅、登山、アート、恋愛、インタビュー記事など。同時に自身のゆるキャラ「ミニくまちゃん」を用いたアート活動を展開中。ライフワークは夕焼け鑑賞。マレーシア・サバ州観光大賞2015メディア部門最優秀海外記事賞受賞。1974年徳島県生まれ。