熊山准 検温データはBluetoothで自動送信!スマホ対応体温計で体調を管理
再生

ブラウザーで視聴する

熊山准 検温データはBluetoothで自動送信!スマホ対応体温計で体調を管理

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

熊山准 検温データはBluetoothで自動送信!スマホ対応体温計で体調を管理

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
熊山准 検温データはBluetoothで自動送信!スマホ対応体温計で体調を管理

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
熊山准 検温データはBluetoothで自動送信!スマホ対応体温計で体調を管理

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
熊山准 検温データはBluetoothで自動送信!スマホ対応体温計で体調を管理

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

熊山准 検温データはBluetoothで自動送信!スマホ対応体温計で体調を管理

熊山准 検温データはBluetoothで自動送信!スマホ対応体温計で体調を管理

※サンプル機提供: A&D 新型コロナウィルス対策はじめ体調管理全般、とりわけ女性は基礎体温の把握などで有意義な体温測定。当然、日ごろから検温してデータ管理したいわけですが、いちいち値を手入力するのも面倒ですよね。 そこでオススメしたいのがA&Dのスマホ対応予測式体温計「UT-201BLE Plus」(実勢価格: 5470円)です。 この体温計は、専用アプリ「A&D Connect Smart」(iOS/Android両対応)をインストールして、一度本体とスマホをペアリングしておけば、検温するたび自動で計測値をスマホに転送してくれるというもの。当然蓄積されたデータは日ごと・週ごと・月ごとと好きな時間軸でグラフ化可能。iOSやAndroidの統合ヘルスアプリにもデータが共有できるので、体温計のみならずあらゆる健康データが一元管理できます。 測定は簡単。電源ボタンを押して液晶にLマークが表示されたら準備OK。あとは普通の体温計と同じく脇にしっかり挟んで30秒ほど待てば検温完了です。もっともこの値は予測値なので、正確な値を知りたい場合は10分ほど待ちましょう。 日常生活だけでなく、旅行やアウトドアにも持っていきたいこの体温計。注意点があるとすれば、データ履歴のリセットは特に用意されておらず、ペアリングしたスマホの切り替え機能もないので、あくまで自分専用という点かもしれません。一家に1本、というより一人1本のBuletooth体温計なのです。 ■製品情報(A&D) https://www.aandd.co.jp/products/medical/hhc/hhc-thermometer/ut201ble-plus/

再生時間
00:00:44
配信期間
未定
タイトル情報
熊山准
リクルート編集職を経て独立、『R25』にてライターデビュー。執筆分野はガジェット、旅、登山、アート、恋愛、インタビュー記事など。同時に自身のゆるキャラ「ミニくまちゃん」を用いたアート活動を展開中。ライフワークは夕焼け鑑賞。マレーシア・サバ州観光大賞2015メディア部門最優秀海外記事賞受賞。1974年徳島県生まれ。