熊山准 ネスプレッソカプセルも使える!携帯用エスプレッソマシンでおうち時間が本格カフェに
再生

ブラウザーで視聴する

熊山准 ネスプレッソカプセルも使える!携帯用エスプレッソマシンでおうち時間が本格カフェに

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

熊山准 ネスプレッソカプセルも使える!携帯用エスプレッソマシンでおうち時間が本格カフェに

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
熊山准 ネスプレッソカプセルも使える!携帯用エスプレッソマシンでおうち時間が本格カフェに

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
熊山准 ネスプレッソカプセルも使える!携帯用エスプレッソマシンでおうち時間が本格カフェに

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
熊山准 ネスプレッソカプセルも使える!携帯用エスプレッソマシンでおうち時間が本格カフェに

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

熊山准 ネスプレッソカプセルも使える!携帯用エスプレッソマシンでおうち時間が本格カフェに

熊山准 ネスプレッソカプセルも使える!携帯用エスプレッソマシンでおうち時間が本格カフェに

みなさ〜ん、おうち時間たのしんでますか〜? かねてより自宅でのコーヒータイムを充実させているミニくまちゃんですが、このたび湯温を1度ごとに設定できる電気ケトル、そしてステンレス刃の臼式ミルにくわえて購入したのが携帯用エスプレッソマシン「STARESSO MINI(スタレッソ ミニ)」です。 珈琲、紅茶、緑茶…飲みものにあわせ1度刻みでお湯が沸かせる電気ケトル https://creators.yahoo.co.jp/kumayamajun/0300000470 ステンレス刃の臼式ミルで豆が均等に挽ける!おうちじかんを楽しむコーヒーミル https://creators.yahoo.co.jp/kumayamajun/0300090706 スタレッソ ミニは、縦15×直径6cm(収納時)・わずか390gの小型軽量サイズながら、15〜20BARの気圧で本格的なエスプレッソが抽出できるやつー。クラウドファンディングサイトで好評をえたのち、一般販売が始まりました。 使用できるコーヒー豆は、エスプレッソ用に挽いた粉か、ネスプレッソ用のカプセル。ちなみに付属の軽量スプーンすりきり1杯で一般的なエスプレッソ用の豆で7g、もしくは粉で10gが測れます。なお、粉を使う場合は、軽量スプーンの底でギュッギュと押し固めてタンピングするのが美味しいエスプレッソを煎れるコツ。 いずれにせよコーヒー粉をバスケットにセットしたら、シングルなら50ml、ダブルなら80mlの熱湯を入れ、あとは軽くなるまで数十回ポンピングするだけ。多少チカラは必要ですが、クレマたっぷりの本格的なエスプレッソが出来上がります(※なお、動画内では抽出の様子がわかりやすくするよう、本体のカバーを外したり、ガラス製コップを用いたりしています)。 起き抜けや昼下がりなど眠い時間帯、気つけがわりにガツンと濃厚なエスプレッソでカフェインをぶちこむもヨシ。氷水やお湯で割ってアメリカーノにするもヨシ。牛乳や泡立てたミルクでラテ、オレ、カプチーノといったカフェメニューを楽しむもヨシです。 ただし、問題は後片付け。ほぼ全てのパーツが分解できて洗浄できるのは嬉しいのですが、いちいちバスケットから使用済みの粉を取り出したり(しかも抽出直後は熱々)、粉が詰まったフィルターを掃除するのが面倒だと感じる人もいらっしゃることでしょう。とにかく気軽に運用したい方。あるいは、キャンプや登山、ピクニック等のアウトドアで手軽に楽しみたい方は、割高ですがカートリッジ式のネスプレッソカプセルがオススメです。 もっとも、豆選びからミル挽き、エスプレッソの抽出、機材の洗浄までの一連の作業は、とかくマンネリ化しがちなおうち時間の気分転換にはもってこい。ミニくまちゃんも「面倒だなあ」と感じつつも、労力に見合った美味しさもさることながら、周囲に本格カフェをふるまうとたいそう喜ばれるため、なんだかんだと受け入れています。いやはや、カフェでラテを頼むと1杯500円くらいしますけど、品質と手間暇を考えたらそれなりのお値段なんだなと実感しますねえ。 ■製品情報 STARESSO MINI(花形設計) https://hanagata-inc.com/product/staresso-mini/ ■ロケ地 中札内美術村(北海道)

再生時間
00:00:56
配信期間
未定
タイトル情報
熊山准
リクルート編集職を経て独立、『R25』にてライターデビュー。執筆分野はガジェット、旅、登山、アート、恋愛、インタビュー記事など。同時に自身のゆるキャラ「ミニくまちゃん」を用いたアート活動を展開中。ライフワークは夕焼け鑑賞。マレーシア・サバ州観光大賞2015メディア部門最優秀海外記事賞受賞。1974年徳島県生まれ。