無人で迎えにきてくれるeスクーター! Go X社がジョージア州で100台導入
再生

ブラウザーで視聴する

無人で迎えにきてくれるeスクーター! Go X社がジョージア州で100台導入

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

無人で迎えにきてくれるeスクーター! Go X社がジョージア州で100台導入

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
無人で迎えにきてくれるeスクーター! Go X社がジョージア州で100台導入

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
無人で迎えにきてくれるeスクーター! Go X社がジョージア州で100台導入

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
無人で迎えにきてくれるeスクーター! Go X社がジョージア州で100台導入

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

無人で迎えにきてくれるeスクーター! Go X社がジョージア州で100台導入

無人で迎えにきてくれるeスクーター! Go X社がジョージア州で100台導入

日本では自転車中心に広がっている乗り物レンタル事業だが、海外はどんどん攻めているみたい。 アメリカのジョージア州では遂に、お迎えにきてくれるeスクーター100台の実験導入が決まったという。 Go X社が開発したeスクーターは、アプリで呼べば自律的に移動しお迎えにきてくれる。目的地にたどり着いた後は勝手に帰ってくれるので、返却の必要がない。 無人運転は危なくないの? Go X社のeスクーターは、Tortoise社の技術が使われている。フロントにカメラが搭載され前方の状況を判断しつつ移動する。遠隔で担当者がついており映像が転送されモニタリングしているという。問題が生じる前に即座に遠隔操作が行える体制を整えているのだ。 従来のeスクーターは乗り捨てされていた 従来のeスクーターは雑に乗り捨てをされたり、反対派によって壊されたりと、いたずらが発生することがあった。使い終わったあと遠隔で回収できればそれらの問題を解決でき、人件費の削減も可能というわけだ。 ・ ・ ・ 乗り物が自動でお迎えにきてくれるなんて、すごく未来的だよね。 Go X

再生時間
00:00:44
配信期間
未定
タイトル情報
bouncy / バウンシー
「bouncy」は、「動画」をメインにファンとコミュニケーションする、ミレニアル世代のための「テクノロジー&ガジェットメディア」です。 未来を実現する最先端のテクノロジー つい欲しくなる新しい概念のプロダクト 思わず驚嘆する秀逸なアイデア 世の中を良い方へと導く社会性のある取り組み 見る者の心を掴む創造性あふれるアート 今まさに、世界中で起きているこれらの出来事を、編集部で集め、調べ、取材し、わかりやすい動画と共に毎日お届けします。