瀧内公美、難題作の出演に悩み「なにも考えてない人間が携わっていいのか」
再生

ブラウザーで視聴する

瀧内公美、難題作の出演に悩み「なにも考えてない人間が携わっていいのか」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

瀧内公美、難題作の出演に悩み「なにも考えてない人間が携わっていいのか」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
瀧内公美、難題作の出演に悩み「なにも考えてない人間が携わっていいのか」

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
瀧内公美、難題作の出演に悩み「なにも考えてない人間が携わっていいのか」

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
瀧内公美、難題作の出演に悩み「なにも考えてない人間が携わっていいのか」

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

瀧内公美、難題作の出演に悩み「なにも考えてない人間が携わっていいのか」

瀧内公美、難題作の出演に悩み「なにも考えてない人間が携わっていいのか」

 女優の瀧内公美が25日、都内で行われた映画『蒲田前奏曲』の公開記念舞台あいさつに登壇。  本作は、蒲田出身の女優・松林うららが企画・プロデュース。4人の監督が各自の手法で、売れない女優・マチ子の眼差しを通し、“女”であること、“女優”であることで、女性が人格をうまく使い分けることが求められる社会への皮肉を、周囲の人との交わりを介在しながら描く連作長編となる。  #MeToo やセクハラを題材とした「行き止まりの人々」(安川有果監督)で瀧内は、売れない女優・マチ子(松林うらら)とオーディションで一緒になる強気女性・黒川を演じている。  瀧内は、TBSドラマ『恋はつづくよどこまでも』や 映画『火口のふたり』で「第93回キネマ旬報ベスト・テン」 主演女優賞を受賞するなど、演技派女優として活躍している。  舞台あいさつには、伊藤沙莉、福田麻由子、川添野愛、松林うららも参加した。

再生時間
00:01:56
配信期間
未定
タイトル情報
オリコン
芸能情報を毎日更新!