死ぬまでに一度行くべき。美しき湖畔の街「アヌシー」の魅力
再生

ブラウザーで視聴する

死ぬまでに一度行くべき。美しき湖畔の街「アヌシー」の魅力

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

死ぬまでに一度行くべき。美しき湖畔の街「アヌシー」の魅力

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
死ぬまでに一度行くべき。美しき湖畔の街「アヌシー」の魅力

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
死ぬまでに一度行くべき。美しき湖畔の街「アヌシー」の魅力

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
死ぬまでに一度行くべき。美しき湖畔の街「アヌシー」の魅力

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

死ぬまでに一度行くべき。美しき湖畔の街「アヌシー」の魅力

死ぬまでに一度行くべき。美しき湖畔の街「アヌシー」の魅力

フランスと言えば「パリ」のイメージが大きいですが、知られざる美しき街「アヌシー」をご存知ですか? 「アヌシー」はフランスの東部、アヌシー湖の畔に位置する街です。「フランスのベニス」とも呼ばれる、湖畔の街”アヌシー”は、フランス人にとっても憧れの街。そんな「アヌシー」の魅力を紹介します。 アヌシーの魅力の一つはなんと言っても周りを囲っている美しい自然。ローヌ・アルプ地方にあるアヌシーでは、美しいアルプスの山々を一望できます。さらに、水上スキーやサーフィン、ダイビングなど、様々な水上スポーツを楽しむことができる「アヌシー湖」は、ヨーロッパで最も透明度が高い湖として知られています。その美しさから「サヴォワの宝石」と言われることも。 美しい自然も魅力の一つですが、やっぱり外せないのはアヌシーの「旧市街」エリア。12世紀の面影を残す旧市街は、運河も走っていて、「フランスのベニス」って言われるのも納得の美しい街並み。 アヌシーで絶対に外したくないのが、かつて牢獄として使われていた、歴史博物館である「Palais de l'Île (パレ・ド・リル)」。元々はジュネーブ伯爵の宮殿として建てられたものでしたが、後に裁判所、牢獄として使われるようになったそうです。それが今は博物館となり、一般の人に公開されるようになりました。今となってはとっても人気の観光スポットです。 美しき湖畔の街「アヌシー」。フランスに行く際は、ぜひアヌシーにも立ち寄ってみてください。

再生時間
00:00:33
配信期間
未定
タイトル情報
BuzzFeed Bring Me