歩けない子どもに笑顔が宿る。 歩行をサポートするウェアラブル外骨格「Trexo」
再生

ブラウザーで視聴する

歩けない子どもに笑顔が宿る。 歩行をサポートするウェアラブル外骨格「Trexo」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

歩けない子どもに笑顔が宿る。 歩行をサポートするウェアラブル外骨格「Trexo」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
歩けない子どもに笑顔が宿る。 歩行をサポートするウェアラブル外骨格「Trexo」

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
歩けない子どもに笑顔が宿る。 歩行をサポートするウェアラブル外骨格「Trexo」

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
歩けない子どもに笑顔が宿る。 歩行をサポートするウェアラブル外骨格「Trexo」

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

歩けない子どもに笑顔が宿る。 歩行をサポートするウェアラブル外骨格「Trexo」

歩けない子どもに笑顔が宿る。 歩行をサポートするウェアラブル外骨格「Trexo」

脳性麻痺で歩けないおいっ子のために、最新のロボティクス技術を駆使して開発された「Trexo」。 車いす生活を余儀なくされる子どもたちの、希望の光となるウェアラブル外骨格だ。 自分の足で歩く第一歩 子どもの胴体や手足をベルトで固定して、各部をモーター駆動でアシストする「Trexo」。車いすで座りっぱなしの子どもが、自分の足で歩けるようになる歩行サポートマシンとなっている。 タブレットから負荷・歩行速度・アシストレベルなどを調整でき、子どもに適した歩行パターンを設定可能。子どもの成長に合わせて、適切な歩行サポートを行ってくれるのだ。 数多くの難病の歩行サポートに対応 「Trexo」は、脳性麻痺だけでなく、筋ジストロフィー、脊髄性筋萎縮症、外傷性/非外傷性脳損傷、対麻痺または片麻痺、脊髄損傷、レット症候群といった難病や、変形性関節症、下半身の可動性を損なうその他の症状を患う子どもに対応。 本体の代金は、購入すると29,900ドル(約330万円)だが、月額899ドル(約10万円)からのリース契約も用意されている。ただし、記事執筆時点で配送できるのは、残念ながらアメリカ・カナダのみのようだ。 ・ ・ ・ 最新のロボティクス技術で、難病の子どもが自分の足で歩く。いつもとは違う光景に、子どもの笑顔が宿っていく。

再生時間
00:00:37
配信期間
未定
タイトル情報
bouncy / バウンシー
「bouncy」は、「動画」をメインにファンとコミュニケーションする、ミレニアル世代のための「テクノロジー&ガジェットメディア」です。 未来を実現する最先端のテクノロジー つい欲しくなる新しい概念のプロダクト 思わず驚嘆する秀逸なアイデア 世の中を良い方へと導く社会性のある取り組み 見る者の心を掴む創造性あふれるアート 今まさに、世界中で起きているこれらの出来事を、編集部で集め、調べ、取材し、わかりやすい動画と共に毎日お届けします。
GYAO! 広告

映像一覧