樋口智香子 【魚料理のマナー】フィッシュスプーンの使い方をマスターしよう!魚料理のいただき方
再生

ブラウザーで視聴する

樋口智香子 【魚料理のマナー】フィッシュスプーンの使い方をマスターしよう!魚料理のいただき方

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

樋口智香子 【魚料理のマナー】フィッシュスプーンの使い方をマスターしよう!魚料理のいただき方

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
樋口智香子 【魚料理のマナー】フィッシュスプーンの使い方をマスターしよう!魚料理のいただき方

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
樋口智香子 【魚料理のマナー】フィッシュスプーンの使い方をマスターしよう!魚料理のいただき方

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
樋口智香子 【魚料理のマナー】フィッシュスプーンの使い方をマスターしよう!魚料理のいただき方

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

樋口智香子 【魚料理のマナー】フィッシュスプーンの使い方をマスターしよう!魚料理のいただき方

樋口智香子 【魚料理のマナー】フィッシュスプーンの使い方をマスターしよう!魚料理のいただき方

こんにちは。マナー講師の樋口智香子です。 テーブルマナーの中から、魚料理のいただき方をご紹介します。 【フィッシュスプーンの使い方】 魚料理には、フォークと共に、フィッシュスプーンが添えられていることがあります。 通常のスプーンよりも平たく、くぼみがあるのが特徴です。 フィッシュスプーンには、ナイフとスプーンの2つの役割があります。 左手のフォークで魚の身をおさえ、右手はフィッシュスプーンを立てて持ち、ナイフと同様にして、食べやすい大きさに切ります。 切り分けた身を、ソースと共に、フィッシュスプーンの上に乗せます。 そのまま、口に運んでいただきます。 (または、フィッシュスプーンで切り分けた身を、フォークに刺して食べてもOKです) 【フィッシュナイフの使い方】 フィッシュナイフは、先がとがっているのが特徴。 魚の小骨や皮を、取り除きやすいように作られています。 通常のナイフと同様に使いますが、やわらかい身は、優しく押すように切ると、くずれにくいです。 優しく切るために、フィッシュナイフをペンのように持つという方法もあります。 他、肉料理のナイフよりも、やや小さいサイズのナイフが添えられていることもあります。 これらを覚えておけば、どのようなカトラリーが添えられていても、大丈夫。 ぜひ、自信を持って、美味しく召し上がってくださいね。 以上、魚料理のマナーをお伝えしました。 * ※マナーには諸説あり、地域・歴史・文化等により異なり、変化するものです。 最もお勧めの方法をご紹介しておりますが、状況により異なる場合があることを、どうぞご了承くださいませ。 * 企画・制作 アカデミー・なないろスタイル マナー講師 樋口智香子 http://www.nanairostyle.jp/ 撮影協力・スタジオ提供 Photogenic よしだひでお https://www.photogenic-st.com/

再生時間
00:00:44
配信期間
未定
タイトル情報
樋口智香子
マナー・コミュニケーション研修講師。千葉県出身、元資生堂ビューティコンサルタント。NLP心理学とマナーをかけ合わせた独自のプログラムにより、セミナー・研修を実施。全国150か所から招致され、指導人数は延べ10000人以上。女性限定でビジネスからプライベートまで総合的にマナーを学べる「愛されマナー講座」が好評。