樋口智香子 【美しいお箸の扱い方】箸の上げ下げは両手で丁寧に~覚えておきたい和食の作法
再生

ブラウザーで視聴する

樋口智香子 【美しいお箸の扱い方】箸の上げ下げは両手で丁寧に~覚えておきたい和食の作法

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

樋口智香子 【美しいお箸の扱い方】箸の上げ下げは両手で丁寧に~覚えておきたい和食の作法

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
樋口智香子 【美しいお箸の扱い方】箸の上げ下げは両手で丁寧に~覚えておきたい和食の作法

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
樋口智香子 【美しいお箸の扱い方】箸の上げ下げは両手で丁寧に~覚えておきたい和食の作法

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
樋口智香子 【美しいお箸の扱い方】箸の上げ下げは両手で丁寧に~覚えておきたい和食の作法

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

樋口智香子 【美しいお箸の扱い方】箸の上げ下げは両手で丁寧に~覚えておきたい和食の作法

樋口智香子 【美しいお箸の扱い方】箸の上げ下げは両手で丁寧に~覚えておきたい和食の作法

こんにちは。マナー講師の樋口智香子です。 この動画では、美しいお箸の扱い方について、お伝えします。 箸を取る、箸を置く、こうした日常の所作を丁寧に行うことで、心も整います。 日本人として、ぜひ覚えておいてくださいね。 お箸は、両手で上げ下げします。以下の手順をご覧ください。 【箸の取り方】 1.右手で、箸をつまむようにして取ります。 (このとき、親指・人差し指・中指の三本を使うことを意識するとキレイです) 2.左手を、箸の下に添えます。 3.右手をすべらせて箸の下に持っていき、正しく持ち替えたら、左手を離します。 【箸の置き方】 食事を終えて、箸を置くときの所作です。 箸の取り方の逆の手順を行います。 1.右手で箸を持ち、左手で下から支えます。 2.右手をすべらせて、箸の下側を持ちます。 3.左手を離し、右手で箸を静かに置きます。 どちらも、3つの手順で行うので、この方法を「三手」と呼びます。 片手でわしづかみにしたり、器と箸を同時に持ち上げるのはNGです。 丁寧な所作を心がけてくださいね。 以上、美しいお箸の扱い方についてお伝えしました。 * 企画・制作 アカデミー・なないろスタイル マナー講師 樋口智香子 http://www.nanairostyle.jp/ 撮影協力・スタジオ提供 Photogenic よしだひでお https://www.photogenic-st.com/ ※マナーには諸説あり、地域・歴史・文化等により異なり、変化するものです。 最もお勧めの方法をご紹介しておりますが、状況により異なることを、どうぞご了承くださいませ。

再生時間
00:00:44
配信期間
未定
タイトル情報
樋口智香子
マナー・コミュニケーション研修講師。千葉県出身、元資生堂ビューティコンサルタント。NLP心理学とマナーをかけ合わせた独自のプログラムにより、セミナー・研修を実施。全国150か所から招致され、指導人数は延べ10000人以上。女性限定でビジネスからプライベートまで総合的にマナーを学べる「愛されマナー講座」が好評。