樋口智香子 【お吸い物のマナー】コツは箸とお椀の扱い方にあり!品の良いお吸い物のいただき方
再生

ブラウザーで視聴する

樋口智香子 【お吸い物のマナー】コツは箸とお椀の扱い方にあり!品の良いお吸い物のいただき方

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

樋口智香子 【お吸い物のマナー】コツは箸とお椀の扱い方にあり!品の良いお吸い物のいただき方

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
樋口智香子 【お吸い物のマナー】コツは箸とお椀の扱い方にあり!品の良いお吸い物のいただき方

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
樋口智香子 【お吸い物のマナー】コツは箸とお椀の扱い方にあり!品の良いお吸い物のいただき方

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
樋口智香子 【お吸い物のマナー】コツは箸とお椀の扱い方にあり!品の良いお吸い物のいただき方

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

樋口智香子 【お吸い物のマナー】コツは箸とお椀の扱い方にあり!品の良いお吸い物のいただき方

樋口智香子 【お吸い物のマナー】コツは箸とお椀の扱い方にあり!品の良いお吸い物のいただき方

こんにちは。マナー講師の樋口智香子です。 お吸い物のマナーについてご紹介します。 品良くいただくコツは、箸とお椀の扱い方にあり。 では、早速お伝えいたします! 1.両手でお椀を持ち上げてから、箸を持つ 箸を持ったまま、片手でお椀を持つのはNGです。 正しくは、以下の順序をご覧ください。 (1) 両手でお椀を持ち上げたら、まずはおだしの香りを楽しむ (2) お椀を左手に持ち替える このとき、親指をふちに、四指を底に添えて持つ (3) 右手で箸をとり、箸先を左手の中指にはさむ (4) 右手を、箸に添って上から滑らせ、箸の下から持ち替える 2.ふたが開かないときはお椀の上下を軽く押す ふたがお椀に張り付き、なかなか開かないときには、お椀の上下を軽く握るようにして押しましょう。 ふたとお椀のすき間に空気が入るので、開けやすくなります。 3.お吸い物を飲むときは、箸先をお椀に入れる お吸い物を飲むときは、箸先をお椀に入れます。 箸を濡らしてからお食事をいただくという意味があり、これをすることで箸に食材が付くのを防げます。 目線はお椀にお椀にましょう。 4.飲み終えたら、ふたを元どおりに閉める 時折、ふたの裏側を上にして重ねている人がいますが、これはNGです。 ふたは、元どおりに静かに閉めます。 以上、お吸い物のマナーについてお伝えしました。 箸とお椀を上手に扱えるようになると、和食をいただくときの所作がとてもキレイになります。 ぜひ、マスターしてくださいね。 ※マナーには諸説あり、地域・歴史・文化等により異なり、変化するものです。 最もお勧めの方法をご紹介しておりますが、必ずしもこの限りではないことを、どうぞご了承くださいませ。 * 企画・制作 アカデミー・なないろスタイル マナー講師 樋口智香子 http://www.nanairostyle.jp/ 撮影協力・スタジオ提供 Photogenic よしだひでお https://www.photogenic-st.com/

再生時間
00:00:56
配信期間
未定
タイトル情報
樋口智香子
マナー・コミュニケーション研修講師。千葉県出身、元資生堂ビューティコンサルタント。NLP心理学とマナーをかけ合わせた独自のプログラムにより、セミナー・研修を実施。全国150か所から招致され、指導人数は延べ10000人以上。女性限定でビジネスからプライベートまで総合的にマナーを学べる「愛されマナー講座」が好評。