極道の門 シリーズ 極道の門 第二部
再生

ブラウザーで視聴する

極道の門 シリーズ 極道の門 第二部

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

極道の門 シリーズ 極道の門 第二部

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
極道の門 シリーズ 極道の門 第二部

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
極道の門 シリーズ 極道の門 第二部

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
極道の門 シリーズ 極道の門 第二部

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

極道の門 シリーズ 極道の門 第二部

極道の門 シリーズ 極道の門 第二部

まで

大阪、昭和46年、2月――。大政組若衆・村田龍治(木村一八)は裁判にて5人斬りの罪が正当防衛と認められ、無罪放免で釈放された。同時に彼は異例の三階級特進の若頭補佐として出迎えられた。しかも若頭・赤垣(御木裕)から村田に死んだ尾形の跡を継ぎ、尾形組二代目組長になることを提案。村田は困惑しながらも、その跡目を受けた。四ヶ月ぶりに事件場所を訪れた村田は龍泉寺の住職・藤村壮海(火野正平)に再会する。そこで村田は、壮海が建てた墓を見て呆然とした。それは自分の名が入った墓だった。壮海の真意とは? また鹿島(下元史朗)から尾形組二代目継承の取持人に築港の大浜組組長・大浜鶴吉(加納竜)を紹介される。しかし村田は大浜が、憎き義道会・太田黒(野口雅弘)を舎弟にしていることで、素直に喜べずにいた。そしてまた、息を潜めていた太田黒が動き出した……。

キャスト
木村一八 下元史朗 御木裕 加納竜 野口雅弘 飛野悟志 黒石高大 宮下敬夫 村上和彦 武蔵拳 火野正平 宅麻伸(友情出演)石原和海 三村晃弘 赤松紘季 上平瀬守 中山峻 SHU 渡祐大 川上貴史 後藤成樹 若松唯行 青波信仁 藤田昌英 片岡 功 影野臣直 村上和希
スタッフ
製作 : 及川次雄(コンセプトフィルム)/営業統括 : 人見剛史(オールイン エンタテインメント)/企画 : 村上劇画プロ/原作・製作総指揮 : 村上和彦(「日本極道史番外編・極道の門」)/プロデューサー : 旭正嗣、大塚和雄/アソシエイトプロデューサー : 菅井京子/脚本 : 村上和彦/撮影 : 田宮健彦/録音 : 八王子太郎/音楽 : SHU/編集 : 目見田健/制作 : 村上劇画プロ/制作協力 : ファイナルバロック/監督 : 旭正嗣
再生時間
01:34:34
配信期間
タイトル情報
極道の門 シリーズ
数多くの任侠作品を世に放つ村上和彦が改めて問う! 任侠とは、そして、極道とは何か―。
大阪、昭和45年、秋――。飛田新地の地上げの一件により、大政組と義道会は一触即発の関係であった。土砂降りの雨の中、大政組若頭補佐・尾形敬三(宅間伸)と大政組若衆・村田龍治(木村一八)が歩いている最中、突如義道会の刺客5人に囲まれ、尾形は絶命……。しかし、龍治はその刺客達を、たった一人で叩き斬ったのであった!! 龍治は浪速警察署にて拘留、警察側はこの五人斬りの事実を信じれずにいたが、事件発生場所であった龍泉寺の住職・藤村壮海(火野正平)は、正当防衛として龍治の無罪放免を説く。事件により大政組と義道会は抗争寸前の緊張状態へとなったが、築港の大浜組組長・大浜鶴吉(加納竜)が両者の手打ちを取り持つ。しかしその弔慰金の額に不満を持つ義道会会長・太田黒(野口雅弘)により、更なる悲劇を招くこととなる……。※1作目のあらすじとなります。