植民地時代の優雅な雰囲気で歴史的なディナーを堪能できるコロニアルハウス
再生

ブラウザーで視聴する

植民地時代の優雅な雰囲気で歴史的なディナーを堪能できるコロニアルハウス

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

植民地時代の優雅な雰囲気で歴史的なディナーを堪能できるコロニアルハウス

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
植民地時代の優雅な雰囲気で歴史的なディナーを堪能できるコロニアルハウス

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
植民地時代の優雅な雰囲気で歴史的なディナーを堪能できるコロニアルハウス

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
植民地時代の優雅な雰囲気で歴史的なディナーを堪能できるコロニアルハウス

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

植民地時代の優雅な雰囲気で歴史的なディナーを堪能できるコロニアルハウス

植民地時代の優雅な雰囲気で歴史的なディナーを堪能できるコロニアルハウス

アメリカ合衆国、ヴァージニア州・ウィリアムズバーグ。 1772年にジェーン・ヴォーベがオープンしたパブリックハウス。コロニアル時代の建築をそのまま保存してあるその場所に「キングス・アーム・タヴァン」はあります。 このレストランでは18世紀の植民地時代の食事を体験することができます。 食事だけでなく、サーブの仕方やテーブルセッティング、電気を使わずろうそくのあかりだけで食事をするという方法まで、18世紀の優雅な雰囲気を再現しています。 食事は18世紀のレシピをもとに、21世紀に生きる我々の好みに合わせて少しカスタマイズしています。 ピーナツスープ、プライムリブ、ポークチョップ…そしてデザートまでもが18世紀風。 植民地時代の優雅な雰囲気の中いただく美味しい料理、まるでタイムスリップしたような気持ちになります。 こちらの動画で紹介しているのは ピーナツスープ プライムリブステーキ 子豚のチョップ ワイン入りアイスクリーム チョコレートケーキ ですが、他にも魅力的なメニューがたくさん。 まずはコロニアル時代を彷彿させる食事シーンをお楽しみ下さい。

再生時間
00:01:19
配信期間
未定
タイトル情報
BuzzFeed Japan
日々のニュースからエンターテイメント、お役立ち情報まで、幅広い情報を発信。
GYAO! 広告

映像一覧