東京モーターショー気になるバイク新モデルチェック|ヤマハYZF-R1・テネレ700・ホンダCT125
再生

ブラウザーで視聴する

東京モーターショー気になるバイク新モデルチェック|ヤマハYZF-R1・テネレ700・ホンダCT125

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

東京モーターショー気になるバイク新モデルチェック|ヤマハYZF-R1・テネレ700・ホンダCT125

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
東京モーターショー気になるバイク新モデルチェック|ヤマハYZF-R1・テネレ700・ホンダCT125

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
東京モーターショー気になるバイク新モデルチェック|ヤマハYZF-R1・テネレ700・ホンダCT125

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
東京モーターショー気になるバイク新モデルチェック|ヤマハYZF-R1・テネレ700・ホンダCT125

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

東京モーターショー気になるバイク新モデルチェック|ヤマハYZF-R1・テネレ700・ホンダCT125

東京モーターショー気になるバイク新モデルチェック|ヤマハYZF-R1・テネレ700・ホンダCT125

先日行われた東京モーターショー2019。オートバイの展示でもまだまだ気なるモデルがズラリ。簡単ではありますが、ヤマハとホンダブースをチェックしてきました! 【YAMAHA YZF-R1】 “Full Control evolution of track master”をコンセプトに、サーキットを制する性能を照準として開発したヤマハモーターサイクルのフラッグシップ。EU5適合の環境性能を実現しながら性能に磨きをかけたクロスプレーンエンジン、EBM(エンジンブレーキ・マネジメント)やBC(ブレーキ・コントロール)の2種類の制御システムに加え、車体各部の熟成でサーキット性能をさらに進化させています。なお、2020年秋以降に日本での発売を予定しています。 ※公式WEBサイトより 【レーシーなデザインがカッコいい!】 個人的に印象に残ったのはマイナーチェンジした、ヤマハの1000ccクラスのスーパースポーツバイク「YZF-R1」。2020年モデルではデザインも変わり、ヤマハのMotoGPマシンYZR-M1により近くなったなという印象を受けます。「ヤマハのR1といえばクロスプレーンエンジン」というイメージが定着したこのモデル。ヤマハの4気筒クロスプレーンエンジンが奏でる音は本当にSweetで楽器のようなバイクです。 2015年のフルモデルチェンジからさらに車体性能を成熟させたとあり、パフォーマンスも期待できるモデルに仕上がっていそうです! 【YAMAHA Ténéré700】 689cm³の水冷直列2気筒270度クランクエンジンを軽量ボディに搭載した、アドベンチャーツアラーです。乗車姿勢自由度の高い車体、耐久性や整備性の高さ、荷物積載時の高い適応力など、オフロード+アドベンチャー+ツーリングの各要素を高次元でバランスさせました。さまざまな軽量化技術を投入した車体は、前モデル「XT660Z」比で約10kgの軽量化を実現しています。なお、2020年夏以降に日本での発売を予定しています。 ※公式WEBサイトより 【本格アドベンチャーツアラー!テネレ700】 海外で発表され国内でも騒がれていたテネレ700のコンセプトモデル。ダカールマシンそのままのようなルックスでラフロードに対する走破性もかなりありそうな1台です。2気筒エンジンの扱いやすさと荷物の積載性。北海道ツーリングなどの長距離ツーリングで威力を発揮してくれそうなモデルになりそうです! 【HONDA CT125】 普段使いの気軽さを持ちながら、自然の中でも楽しめる機能性を持ったトレッキングCub。かつての“CT”のコンセプトを受け継ぎ、スチール製フロントフェンダーやアップマフラー、幅広大型キャリア、ハイマウント吸気ダクト&サイドエアクリーナーなどを装備しながらシンプルで他にないスタイリングを実現。さらに、サスペンションのクッション性能の最適化やゆとりの最低地上高、前後ディスクブレーキ+フロントABSなど、トレッキングシーンでの様々なシチュエーションもこなす対応力も追求。キャンプや釣りなどの趣味と共に、気軽に自然の中に出かけられるレジャーモデルです。 ※公式WEBサイトより 【復活のハンターカブ!?CT125】 海外では狩りにも使われたことから「ハンターカブ」の異名を持つCTシリーズのコンセプトモデルが展示されていました。小排気量で軽く気軽という利点、キャンプ道具のような大荷物を載せても大丈夫そうなリアキャリア・悪路やオフロード走破性能が高そうな足回りとサイドマフラー。コンセプトモデルながら、 キャンプをしたり野山を駆け回るのが本当に楽しそうなモデルになりそうです。 「反響があったら」という事であくまでもコンセプトですが、ぜひ製品化してほしいモデルですね! 【最後に】 東京モーターショーは車だけではなく、オートバイも多くの新モデルやコンセプトモデルの発表がありました!3月には東京モーターサイクルショーも控えているので、新しいモデル発表がますます楽しみな1年になりそうです! 【公式WEBサイト】 YAMAHA YZF-R1 2020(参考出展) https://global.yamaha-motor.com/jp/showroom/event/tokyo-motorshow-2019/exhibitionmodels/yzf-r1/ YAMAHA Ténéré700(コンセプトモデル) https://global.yamaha-motor.com/jp/showroom/event/tokyo-motorshow-2019/exhibitio…

再生時間
00:01:04
配信期間
未定
タイトル情報
MattRiderJapan
バイクに乗りながら日頃のツーリング日誌である「モトブログ」を主にYoutubeに投稿している「モトブロガー」。動画を通じて「バイク」と「旅」の魅力を若い世代の人々に知ってもらおうという思いで活動している。バイクジャンルだけに留まらず「旅」や「キャンプ」を主軸にマルチに活躍できる映像クリエイターを目指している。イギリスとUKロックが好き。