本気の性能と装備!ホンモノのスクランブラーバイク!|トライアンフ・スクランブラー1200XE
再生

ブラウザーで視聴する

本気の性能と装備!ホンモノのスクランブラーバイク!|トライアンフ・スクランブラー1200XE

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

本気の性能と装備!ホンモノのスクランブラーバイク!|トライアンフ・スクランブラー1200XE

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
本気の性能と装備!ホンモノのスクランブラーバイク!|トライアンフ・スクランブラー1200XE

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
本気の性能と装備!ホンモノのスクランブラーバイク!|トライアンフ・スクランブラー1200XE

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
本気の性能と装備!ホンモノのスクランブラーバイク!|トライアンフ・スクランブラー1200XE

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

本気の性能と装備!ホンモノのスクランブラーバイク!|トライアンフ・スクランブラー1200XE

本気の性能と装備!ホンモノのスクランブラーバイク!|トライアンフ・スクランブラー1200XE

今日は今年発表されたスクランブラー1200XEに試乗させて頂きました。 スクランブラー1200には「1200 XC」と「1200 XE」の2種類のモデルがあり、 ハイスペックな「XE」は過酷なオフロードにも挑戦できる高い走破性を備えているモデルでるの紹介です。 クラシックバイクの見た目でオフロードを走れるようにするカスタムをしたバイクをスクランブラーバイクと呼びますが、この「スクランブラー」の祖とも言われているのがトライアンフのスクランブラーと言われています。 映画「大脱走」でスティーブ・マックイーンが乗っていたバイクとして記憶している方も多いと思います。 そのトライアンフがREAL DEAL(ホンモノ)として出してきたスクランブラー1200は本気で本格的なオフロードバイクだと感じました。 具体的には足回り装備にブレンボのブレーキやリアにはオーリンズのサスペンションを採用。 フロントフォークには驚異のストローク量誇るSHOWA製のフォークを採用。 「XE」は前後250mmというホイールトラベル量を実現していてオフロードにおける走破性の高さを伺えます。 シート高は870mmというかなり高いシート高で165cmの僕が跨ると片足でもつま先しかつかずに取り回しには少し気を使いますが、走り出してしまうと軽快に街乗りも走ることができることに驚きました! 1200ccのバーチカルツインのエンジンはトルクフルで街乗りで走る際にも豊かなサウンドで乗っているライダーをワクワクさせるそんなバイクだなという感想でした。 ・スクランブラー1200XE詳細スペック等 https://www.triumphmotorcycles.jp/bikes/classic/bonneville-scrambler-1200/scrambler-1200-xe ・撮影協力 トライアンフ東京

再生時間
00:01:10
配信期間
未定
タイトル情報
MattRiderJapan
バイクに乗りながら日頃のツーリング日誌である「モトブログ」を主にYoutubeに投稿している「モトブロガー」。動画を通じて「バイク」と「旅」の魅力を若い世代の人々に知ってもらおうという思いで活動している。バイクジャンルだけに留まらず「旅」や「キャンプ」を主軸にマルチに活躍できる映像クリエイターを目指している。イギリスとUKロックが好き。
GYAO! 広告

映像一覧