未来の家感がすごい完全自立型マイクロホーム「ecocapsule」。こんな「離れ」が欲しかった!
再生

ブラウザーで視聴する

未来の家感がすごい完全自立型マイクロホーム「ecocapsule」。こんな「離れ」が欲しかった!

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

未来の家感がすごい完全自立型マイクロホーム「ecocapsule」。こんな「離れ」が欲しかった!

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
未来の家感がすごい完全自立型マイクロホーム「ecocapsule」。こんな「離れ」が欲しかった!

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
未来の家感がすごい完全自立型マイクロホーム「ecocapsule」。こんな「離れ」が欲しかった!

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
未来の家感がすごい完全自立型マイクロホーム「ecocapsule」。こんな「離れ」が欲しかった!

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

未来の家感がすごい完全自立型マイクロホーム「ecocapsule」。こんな「離れ」が欲しかった!

未来の家感がすごい完全自立型マイクロホーム「ecocapsule」。こんな「離れ」が欲しかった!

まるで近未来からやって来たかのようなカプセル型のこの建物。実は既に一般販売されている「住居」だというから驚きだ。スロバキアの企業が開発した「ecocapsule」は、未来感溢れるデザインもさることながら、自家発電・水補給が可能な自立型エコハウスとして注目を集めている。 まず電力は、上部に設置されている880W太陽光電池と低ノイズの風力タービンから24時間供給。そして雨水が自動で収集され、タンクで濾過されて生活用水として使用できるしくみだ。外部電源や水道に接続する必要がないため、あらゆる環境に設置して生活を送ることができる。 災害時避難先やパンデミックの隔離施設にも サイズは全長4.67m、居住空間は6.3㎡と超コンパクト。しかしトイレ・シャワーと簡易キッチンが搭載され、ベッドはダブルサイズに拡張可能。大人二人まで生活できるよう設計されている。 設置環境やスペースの制約が限りなく小さいことから、プライベートの離れとしてはもちろん、ホテルの客室、キャンプ用施設、リモートオフィス、研究ステーションなどさまざまなシーンでの活用が見込まれている。特に新型コロナウイルスのパンデミックを経てからは、隔離施設や災害時避難場所としても注目が高まっている。 ・ ・ ・ 「ecocapsule」は79,900ユーロ(約955万円)から販売中。究極のエコ型「離れ」をあなたも手に入れてみては? ecocapsule ECOCAPSULE,

再生時間
00:01:03
配信期間
未定
タイトル情報
bouncy / バウンシー
「bouncy」は、「動画」をメインにファンとコミュニケーションする、ミレニアル世代のための「テクノロジー&ガジェットメディア」です。 未来を実現する最先端のテクノロジー つい欲しくなる新しい概念のプロダクト 思わず驚嘆する秀逸なアイデア 世の中を良い方へと導く社会性のある取り組み 見る者の心を掴む創造性あふれるアート 今まさに、世界中で起きているこれらの出来事を、編集部で集め、調べ、取材し、わかりやすい動画と共に毎日お届けします。