最新3Dプリンターは1台数役!レーザー彫刻もCNC加工もできる「Snapmaker 2.0」
再生

ブラウザーで視聴する

最新3Dプリンターは1台数役!レーザー彫刻もCNC加工もできる「Snapmaker 2.0」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

最新3Dプリンターは1台数役!レーザー彫刻もCNC加工もできる「Snapmaker 2.0」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
最新3Dプリンターは1台数役!レーザー彫刻もCNC加工もできる「Snapmaker 2.0」

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
最新3Dプリンターは1台数役!レーザー彫刻もCNC加工もできる「Snapmaker 2.0」

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
最新3Dプリンターは1台数役!レーザー彫刻もCNC加工もできる「Snapmaker 2.0」

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

最新3Dプリンターは1台数役!レーザー彫刻もCNC加工もできる「Snapmaker 2.0」

最新3Dプリンターは1台数役!レーザー彫刻もCNC加工もできる「Snapmaker 2.0」

3Dプリンター、レーザー彫刻機、CNC彫刻機などの製造ツールを、より一般的な人々にも手が届くようにしたいという想いで設立された、アメリカ合衆国デラウェア州を拠点に活動するSnapmaker社。 その想いを具現化させたのが、最新3Dプリンター「Snapmaker 2.0」。交換可能なモジュール式なので、3Dプリントはもちろんのこと、レーザー彫刻もCNC加工もできる3-in-1な存在だ 現在、Kickstarterでクラウドファンディングを実施中。一台719ドル(約78,000円)+送料から入手可能。プロジェクトが成功すれば、2019年12月に発送される。 ラインナップは、「A150」「A250」「A350」の3種類。A350が、最大造形容積が大きく、サイズは320 × 350 × 330mmとなっている。 CNC加工は100種類以上の切削ビットに対応 100以上の彫刻・切削ビットをサポート。ビットの直径は0.5 mm(0.020インチ)から6.35 mm(0.250インチ)に対応している。アルミ製のクランピングキットが付属するので、より簡単かつ確実に材料を固定でき、精度の高い加工を実現している。 レーザー彫刻はプレビュー機能付き レーザー彫刻のモジュールにはカメラが内蔵されており、彫刻対象を撮影して、ソフトウェア上で完成図をプレビューできる。デザインの配置を編集できるので、正確に思い通りの位置に彫刻できる。 スマートフォンのようなコントローラー Snapmaker 2.0はプロジェクトのワークフローを簡単にするスマートなタッチスクリーンが付属する。5インチ(720 x 1280ピクセル)のタッチスクリーンで、プリントの開始やヘッドの操作などが可能だ。 3Dプリンターの普及で、物は買うよりもDIYが当たり前の時代になりそうだ。

再生時間
00:01:03
配信期間
未定
タイトル情報
bouncy / バウンシー
「bouncy」は、「動画」をメインにファンとコミュニケーションする、ミレニアル世代のための「テクノロジー&ガジェットメディア」です。 未来を実現する最先端のテクノロジー つい欲しくなる新しい概念のプロダクト 思わず驚嘆する秀逸なアイデア 世の中を良い方へと導く社会性のある取り組み 見る者の心を掴む創造性あふれるアート 今まさに、世界中で起きているこれらの出来事を、編集部で集め、調べ、取材し、わかりやすい動画と共に毎日お届けします。
GYAO! 広告

映像一覧