時事通信映像センター マグロ初競り、安値スタート コロナ禍で静かな幕開け 豊洲市場
再生

ブラウザーで視聴する

時事通信映像センター マグロ初競り、安値スタート コロナ禍で静かな幕開け 豊洲市場

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

時事通信映像センター マグロ初競り、安値スタート コロナ禍で静かな幕開け 豊洲市場

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
時事通信映像センター マグロ初競り、安値スタート コロナ禍で静かな幕開け 豊洲市場

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
時事通信映像センター マグロ初競り、安値スタート コロナ禍で静かな幕開け 豊洲市場

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
時事通信映像センター マグロ初競り、安値スタート コロナ禍で静かな幕開け 豊洲市場

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

時事通信映像センター マグロ初競り、安値スタート コロナ禍で静かな幕開け 豊洲市場

時事通信映像センター マグロ初競り、安値スタート コロナ禍で静かな幕開け 豊洲市場

東京・豊洲市場(江東区)で5日朝、新春の初競りが行われた。新型コロナウイルスの感染再拡大で自粛ムードが広がる中、クロマグロの競りは昨年までのような超高値は付かず、静かなスタートとなった。 注目されたマグロの競りは、鐘の音の合図とともに午前5時10分に開始。1番人気は、208.4キロの青森県大間産で、1キロ当たり10万円、1匹2084万円の値が付いた。 「国産天然もの」が、昨年の2倍近く上場されたことや、コロナ禍で外食需要が低迷しているため、昨年の1億9320万円には遠く及ばなかった。

再生時間
00:00:59
配信期間
未定
タイトル情報
時事通信映像センター
GYAO! 広告

映像一覧